改良版:ヘルシーオーツレーズンクッキー(卵・乳製品・小麦粉・白砂糖不使用)

焼きあがりはホロホロと頼りなく柔らかい。けれど冷めるまで待てなくて半分ほどあつあつホロホロのまま口に運んだ。フラックスシードやチアシードやカカオニブのスーパーフードたちがナッツのようなぽりぽりとした食感を与え、レーズンのほんのりした酸味が甘さ控えめのプレーンな大地に引き立つ。

寒い日のあつあつバタースコーン/Vegan

寒い日にどうしてもミルクティーと一緒に食べたくて焼いたバター風味豊かなシンプルスコーン。このスコーンは本当においしい。特にラズベリージャムをたっぷりのせた焼きたては格別。翌日に温め直しても食べるけれど、どうしたって焼きたての味にはかなわない。

Vegan Cheese Pizza

ピザは、生地にトマトソースを塗り、バジルをちらし、Veganとろけるチーズをのせ、サラダほうれん草をざくざく切って、香り高いオリーブオイルを垂らし、種子島の塩をぱらぱらふって焼いたもの。30分ちょっとで作れてしまう、これはとてもズボラピザ。

イチジクと桃のラム酒コンポートでグルテンフリーパンケーキ

豆乳生クリームはココナッツクリームよりも雲のように軽く、ラムを含んだコンポートはどっしりと重かった。冬の朝のように。このパンケーキミックスを試してみたかったのは、玄米と米の粉のみだからだった。ラム酒がきいたコンポートは大人の味。秋の味。また焼こう、また食べよう、パンケーキ。

Veganパンプキンセージクリームパスタ

野菜の優しい甘みの中にセージの爽やかなグリーンのハーブノートと、ニュートリショナルイーストのチーズ風味、それからレモンとブラックペッパーのふわりと鼻先に広がるフレッシュな柑橘系のどこまでも軽い香りがアクセントとなる美しいオレンジ色のクリームソースのパスタ

ベジタリアンのインドネシアサテ

だから私はある日、台所でインドネシアに旅をすることにした。大好きなインドネシア料理のサテ。鶏肉の代わりは豆腐やカラフルな野菜。串にさして焼いたベジタリアンサテには最後にピーナッツソースをまわしかける。目を閉じれば、あの土地へそっと舞い落ちる。