アルパラック(じゃがいもとほうれん草のインドカレー)

母はいつも、ほうれん草や小松菜を茹でて持って来てくれる。あとお決まりなのは、私の大好物のお赤飯と煮物。それに加えて、たくさんの野菜まで台所に溢れると私は少々パニックになる。おいしいうちになんとか全部消費しなければ!と考えて食べているうちに、冷蔵庫の奥のほうに入れられたほうれん草や小松菜の存在をすっかり忘れてしまう。大量の茹でたほうれん草。なぜ今まで、ほうれん草のカレーにしなかったのだろう!

ほうれん草とじゃがいもを使ったアルパラックというカレーにしようと決めた。母はじゃがいもも持って来ていたのだ。ほうれん草のカレーを作ったのは実は初めてで、スタータースパイス(=熱した油に香りや成分を移すホールスパイス)にクローブとシナモンとベイリーフを使ったのも初めてだった。ほうれん草は少し青臭いから、クローブの強い香りがちょうど良い。インドカレーをスパイスから作るなんて、一体どのくらい時間がかるのだろうと以前は思っていたけれど、インドやネパールでごはんを頼むと、頼んだときに、カレーもチャパティもイチから作り始めることを知り、大変で時間がかかりそうに見えるけれど思ったほど複雑な料理ではないことを知った。あまり馴染みのない料理は、YouTubeなどの動画で作るのを見ると、案外出来そうな気になるのと似ている。

アルパラック(じゃがいもとほうれん草のインドカレー)

材料

  • ほうれん草一束
  • じゃがいも 3個
  • 玉ねぎ 1個(みじん切り)
  • トマト 1個(角切り)
  • にんにく3片+生姜2.5センチ程度(ペースト状にする)
  • グリーンチリ 1〜2本
  • クローブ 3個
  • シナモン 2.5センチ
  • ベイリーフ 1枚
  • ターメリックパウダー 小さじ1/4
  • ガラムマサラ 小さじ1/2
  • ひよこ豆粉 大さじ1.5
  • 水 1カップ
  • ギーやバターなどの油 大さじ1.5
  • 塩 少々

作り方

  1. じゃがいもを柔らかくなるまで圧力鍋で茹でる、又は蒸す
  2. じゃがいもの皮をむき、角切りに切っておいておく
  3. 鍋に水と塩を入れてほうれん草を茹でる
  4. 茹でたほうれん草を冷水に入れる
  5. 水を切ってグリーンチリと一緒にブレンダーやフードプロセッサでピューレ状にする
  6. 鍋にギーやバターなどの油を入れ熱する
  7. ベイリーフとクローブとシナモンのホールスパイスを熱したオイルに入れ、香りがたつまで待つ
  8. オイルに香りが移ったところで、玉ねぎを投入し、きつね色になるまで炒める
  9. にんにくと生姜のペーストを入れてさらに炒める
  10. トマトを入れ、トマトが柔らかくつぶれるまで炒める
  11. オイルが少しずつ鍋の中の食材から分離してきたらターメリックパウダーを加え、5~10秒炒める
  12. ほうれん草のピューレを入れてよく混ぜる
  13. ひよこ豆粉を大さじ3~4の水に融いたものを鍋へ入れ、水1カップを鍋に注ぎ、塩で味付けする
  14. 鍋のなかのほうれん草カレーにしっかり火が通るまで煮る
  15. 少しずつカレーがぽってりしてくる(水をさらに追加したり、水を少なめに入れたりして、お好みの緩さに調整してください)
  16. じゃがいもを入れて、さらに2~3分煮る
  17. 最後にガラムマサラで香りづけをする
http://i-eat.carrots.jp/aloo-palak/


コメントを残す