Dal Palak(ほうれん草入りダル)

インドカレーはスパイスをたくさん使わなきゃいけないし、なんだか難しそう、お店で食べるもの、というイメージ。でも実は、定番のスパイス3~4種類さえ揃えてしまえばとても簡単です。「カレーは2日目がおいしい」と言うけれど、インドカレーに至ってはスパイスの香りが飛んでしまうのでぐつぐつ煮込むこともなく、思ったよりも短時間でできます。

DSC_0020

DSC_0016
最初にスパイス(3~4種類)さえ揃えてしまえば、むしろ材料の買い出しに外へ出るのが億劫な日などは、ダル(豆)とスパイスのたった2種類だけで、その場凌ぎで作ったとは思えないほど満足感のある美味しいダルカレーができます。そこに残り野菜でちょっとしたおかずが添えられれば立派なダルバート(定食)です。豆の良質たんぱく質と良質なスパイスの薬効成分で体調も整います。スパイスでカレーが作れるようになってから、ますます冷蔵庫に何もないからといって外食をするようなこともなくなりました。

DSC_0014
スパイスは、パウダー状に挽いたものと、葉や種などのホールのものがあり、パウダースパイスは主に料理の味付け、ホールスパイスは料理の風味づけに使います。カレーを作るときはまずホールスパイスを熱した多めの油に入れて香りと成分を油に移すことから始まるため、そこで使われるホールスパイスはスタータースパイスとも呼びます。あると便利なスタータースパイスは、マスターシードとクミンシードと鷹の爪の3種類。(鷹の爪をお持ちの方は多いでしょう。)パウダースパイスは、ターメリックとコリアンダーとガラムサラとレッドチリパウダーの4種類。(レッドチリパウダーもありそうですね。)スパイスには血をきれいにしたり(浄血作用)、胃腸の調子を整えたり(健胃作用)、消化を良くしたり、身体を温めたりするなどの働きがあります。各スパイスの薬効成分はこちら

DSC_0024

DSC_0015

最後に、ダルカレーの主役である豆も。豆のなかでもレンズ豆は水で戻す必要がなく、すぐにそのまま鍋に入れて調理することができるのでとても便利です。レンズ豆を使ったベジタリアンミートボールはいろいろな料理に添えることができて、活躍の場が広いです。便利なダルは必ず台所に常備しています。

Dal Palak(ほうれん草入りダル)

ナタラジレシピブックより

材料

  • チャナダル 250g
  • 水 1000ml
  • 塩 大さじ1
  • ほうれん草 300g
  • にんにく(みじん切り)小さじ2
  • しょうが(みじん切り)小さじ2
  • 油(米油やなたね油など)30ml
  • ホールスパイス:
  • マスタードシード 小さじ1/2
  • ホールチリ 1本(手で3〜4つにちぎる)
  • パウダースパイス:
  • ターメリック 小さじ1半
  • コリアンダーパウダー 小さじ1/2
  • ガラムマサラ 小さじ1/2
  • レッドチリパウダー 小さじ1/4
  • 黒こしょう 小さじ1/4
  • トッピング:
  • しょうが(せん切り)適量

作り方

  1. 鍋にチャナダル、水を入れ、やわらかくなるまで茹でる。ターメリック小さじ1、塩を加えて味をつける。最後に粗く刻んだほうれん草を加えてさっと茹でる。
  2. 別の鍋に油を中火で熱し、マスタードシードを入れる。パチパチとはじけて香りが立ってきたら、ホールチリを加え、香りが出るまで炒める。
  3. 2ににんにく、残りのパウダースパイスを加え、香りが出るまで炒める
  4. 1のチャナダルを中火でアツアツに温めたところに3を加え、全体をなじませたら火を止める。
  5. 器に盛り、しょうがをトッピングする。

Notes

わたしはスタータースパイスとして、マスタードシードと一緒にクミンシードもたくさん入れています。レシピでは、ほうれん草はピューレにはせず、粗く刻んで使っていますが、わたしは最後にハンドブレンダーでほうれん草とチャナダルを少しだけピューレしました。

http://i-eat.carrots.jp/dal-palak/


2 thoughts on “Dal Palak(ほうれん草入りダル)

  1. とても美味しそうですね。
    ホールスパイスは持っているのですが何だかうまく使えなく、いつもパウダーばかり使っております。
    油を使わずにパウダーと同じようにそのまま使うのはやはりイマイチなのかな?と思い、つい手がパウダーにばかり伸びてしまいます・・・。

  2. > きよみさん
    ホールスパイスはどうやって使っていいのかイマイチわからないので、パウダーばかり使ってしまう気持ちよくわかります。
    でも油に香りや風味を移すのはやっぱりホールスパイスの方が良いです。
    ホールスパイスを使えるようになると料理が一段と楽しくなりますので、ぜひトライしてみてください!

コメントを残す