Vegan料理のための食材代替案

For your vegan cook…

お肉や牛乳やヨーグルト、バター、卵を使わないVegan調理。あれが使えないからこのレシピもだめ、あのレシピもだめ、そうなってしまっては食卓や人生そのものが色を失ってしまいそうです。わたし自身も10年前にベジタリアン、Veganの食生活に切り替えたときは不自由な思いばかりしました。特に日本は外国のようにVeganチーズ、Veganバター、Veganミートが種類豊富に揃っておらず、レストランに行ってもメニューに並ぶものは必ず動物性食材が使われていて食べられるものはサラダくらい、今あるようなオシャレなVeganカフェの存在も稀有でした。当時、ベジタリアン/Veganというと、厳格で宗教ちっくな食生活と捉えられていて、印象は味気も面白みもない食事(葉っぱだけ食べて生きてるの?)、といったかんじ。

でも、Veganは別においしくない食事を我慢して食べるものではないのです。そう教えてくれたのは、About 「I EAT.」でもお伝えしているコスタリカで出会ったシェフ2名。Veganだって普通の食事と同じくらい華やか、むしろもっとおいしくてヘルシーな食事になるんだ!と彼らが作る食事を通して知ることができたのは、わたしにとって大きな発見でした。おいしくて、ヘルシー。それ以上に臨むことはあるだろうか?!

そのときからいろいろなレシピを研究してきました。卵がなくてもお菓子は焼けるし、卵の味がしっかりしたスクランブルエッグだって作れます。焼きたてパンに塗りたいバター、ほうれん草やマッシュルームを炒めるときのバター、パンケーキにのせたいバター、バターだってVeganで作ることができます。サワークリームもマヨネーズもチーズも諦めなくても大丈夫。Veganバージョンを作ることができます!
どんな理由であれ、みなさんがいざVegan料理をしよう!というときに参考になるというれしいです。

Vegan choice: 卵、牛乳、バターの代用品

Veganチーズレシピ