イチジクと桃のラム酒コンポートでグルテンフリーパンケーキ

毎朝5:48頃に目が覚めると耳を澄ます。雨が地面を打つ音がないと確認できれば着替えて黒髪と黄色のスニーカーの紐をきゅっと結び、外へ出ることになる。まだこの時間帯の外界の空気はひんやりしていてウールのパーカーを羽織ると安心する。ポケットには鍵とiPhoneそれぞれ一つずつ。

その大きな公園は公園というより森と呼ぶにふさわしい。まだ静けさが保たれ太陽がすべてを照らし切る前の時間帯に虫の鳴き声だけに包まれて歩きたい。頰にひんやりとした空気を感じ、おもわず目を瞑る。ウブドなのかシエラネヴァダの山なのか。記憶と現実を行き来する感覚。忘れたくない感情が蘇るからなのか。最近の朝の日課。

KING ARTHURのグルテンフリーパンケーキミックスは随分前に注文していたものだった。卵があるときにと思っていたらなかなか機会が巡り合わなかった。今日こそはと意気込んでいたのは、冷蔵庫に眠るイチジクと桃のラム酒コンポートがあったため。甘さ控えめにした豆乳生クリームはココナッツクリームよりも雲のように軽く、ラムを含んだコンポートはどっしりと重かった。冬の朝のように。

このグルテンフリーパンケーキミックスは卵と油とミルクと粉を混ぜて10分放置して生地をぽってりさせること、とインストラクションに書いてあった。放って置いた生地はだんだん2次発酵前のパン生地のようなテクスチャーに変化し、これはよく膨らむのではないかと思えた。内側にふつふつと穴があき外側がゴールデンブラウンになるまで。鉄フライパンで焼かれている生地は甘くてとても良い香りだった。

このパンケーキミックスを試してみたかったのは、玄米と米の粉のみだからだった。片栗粉とタピオカ粉がもちもちとした弾力を出すために入っていて、ベーキングパウダーとキサンタンガムが膨らし粉の役割のよう。パンケーキはとてもおいしかった。半分の粉の量で大きなパンケーキ3枚。これだけのパンケーキと生クリームだと大抵わたしは食べた直後から胃もたれでやられてしまうけれど、今日は満腹を感じただけで胃もたれはやってこなかった(うれしい!)美味しかったな、このパンケーキ。ラム酒がきいたコンポートは大人の味。秋の味。また焼こう、また食べよう、パンケーキ。

イチジクと桃のラム酒コンポートでグルテンフリーパンケーキ

乳製品を含めないで作るには、油、米、豆乳またはアーモンドミルクを使用してください。(iherbより)

材料

    ラム酒コンポート:
  • いちじく 3個
  • 桃 小2個
  • 甜菜糖 90~120g(いちじくの3~40%)
  • レモン汁 大さじ1
  • 水 適量
  • ラム酒 大さじ3
  • グルテンフリーパンケーキ:
  • グルテンフリーパンケーキミックス
  • 豆乳

作り方

    ラム酒コンポート:
  1. いちじくのヘタをカットする
  2. 鍋にいちじくを重ならないように並べる
  3. 小さく切った桃を入れる
  4. 甜菜糖・レモン汁を入れ、ひたひたになるように水を足して弱火でコトコト煮る
  5. いちじくが柔らかくなったらラム酒を入れて出来上がり
  6. グルテンフリーパンケーキミックス:
  7. 卵、バター、油、牛乳を入れて一緒に泡立てます。ミックスの中で泡立てます。バッターが馴染むまで10分間そのまま寝かせて分厚くします。
  8. 鉄板を中火(350°F/約176.6℃)で予熱します。
  9. バッター1/4個を軽く油を塗った鉄板に乗せます。
  10. 表面に泡が出来、裏面がきつね色になるまで、1~2分焼きます。
  11. 裏返して1〜2分ほど焼きます。熱いパンケーキをバターとシロップでお召し上がりください。(iherbのページより抜粋)
http://i-eat.carrots.jp/glutenfree-pancake-with-fig-peach-compote/


コメントを残す