グルテンフリー酒粕オーツスコーン

たった20分でできるチーズ風味食事用スコーンリピートして焼いて食べている。手早く簡単に食事を済ませたいとき、玄米を炊く準備(浸水)ができていないときは、99パーセントの確率でオーブンを予熱し始め冷蔵庫から酒粕を取り出す。この酒粕の香りが後ろ髪を引いて止まない。何度も繰り返し焼いているうちに、すでに20分でできるお手軽なレシピから、さらに材料を引き算、時間を短縮、手間を削ぎ落として作るようになった。いつもの自家製グルテンフリー粉を使いきってしまっていたため、手っ取り早くオーツ麦と片栗粉を2カップ+1カップで配合した全部で3カップ分の、オーツの甘みとざっくり感の残るグルテンフリー粉を準備。(まずここでいつものグルテンフリー粉ミックスの材料からマイナス・ソルガム粉。)この粉で3回分のスコーンが焼ける。酒粕はグラムを計らず、だいたい手の親指と人差し指で(OKサインのように)輪を作ったときの大きさほどを。(チーズ風味をどれくらい出したいかで感覚的に。)油はオリーブオイルを使ってみた。チーズ風味の酒粕とオリーブオイルの香りでフォカッチャのような香ばしい匂い。(お腹ぐーぐー。)材料の順番を気にせずに全部ボウルに入れざっくり混ぜる。(適当でも問題なし!)まとまった生地をざっくり手の平サイズに4等分し(生地の成形は神経質にならずざっくりと。)鉄板に並べて焼くこと200℃10~15分。焼きあがったスコーンは、かじるとサクサクほろほろと軽い食感で、微かな塩っけとほのかなチーズの香り。


コメントを残す