グルテンフリーVeganバナナマフィン

Hello Hello Hello.
さて。わたしはといえば、今朝は朝6時に起きて出荷準備などをしながらグルテンフリーVeganバナナマフィンを焼いていました。日曜日にスーパーで久しぶりにおつとめ品コーナーに並んでいたバナナを8本買ってきてから バナナマフィンを焼くのはすでに2回目。バナナマフィンには特別な思い出がある。南フランスのラベンダー畑でラベンダーオイルの製造工程を見学し精油がどのように実際作られるのか学んだ課外授業の日。授業と授業の休憩時間に、首輪を解かれた犬のように私達は一斉に外へ飛び出し、芝生に寝っ転がって日向ぼっこ、おしゃべりに花を咲かせていた。そのとき目の前に差し出されたバナナマフィン。

DSC_1503

当時わたしよりも年上の大人びた彼女が作ったホームメイドバナナマフィン。ハーバリストとしてすでに仕事をしていた彼女。当時わたしが抱えていた湿疹の皮膚トラブル。相談を持ちかけたらハーブを調合してくれた。今でも覚えている。ネトル・レッドクローバー・カモミールをブレンドしたお茶はわたしを悩ませていた症状を徐々に沈静化した。マッサージの実践クラスでは、彼女は恥じる素振りも見せず胸を露わにし上半身裸になって堂々とマッサージベッドに横になり、デモンストレーション用のマネキンとなった。一緒にコースを受けていた年下のボーイフレンドが感情的になって涙を流したときもそっと母親のように抱きしめていた。わたしはいつも彼女に一目置いていたし、ひそかに憧れてもいた。あのとき食べたバナナマフィンは素朴な味だった。バッグにはレモンと搾り皿と蜂蜜と蜂蜜用のスプーンが無造作に放り込まれていて、彼女はいつもその場でレモンを搾りお湯に入れて蜂蜜レモンを作って飲んでいた。わたしは当時から彼女のような女性に強く憧れた。彼女のような女性になりたいと思った。薬ではなくて植物のハーブを。市販の甘ったるくて油っぽいマフィンではなくて手作りの素朴なバナナマフィンを。ペットボトルではなくてバッグの中から取り出したレモンをぎゅっと搾った蜂蜜レモンを。

DSC_1500
このグルテンフリーVeganバナナマフィンを一口食べるまで、わたしはすっかり彼女のことを忘れていた。オーツ麦をフードプロセッサーで粉状にして小麦粉の代わりに使ったバナナマフィンは、オーツの自然な甘みがバナナに加わり、あのときと同じようにとても素朴な味がした。

このマフィンは油を使わない。そしてたぶん、最短で焼ける。20分くらい。だからわたしは出荷準備をしながらマフィンの焼ける香ばしい匂いで1日を起ちあげる。トースターで表面をカリカリに焼いて、ブルーベリーとサンフラワーシードのバターを添えて、熱いうちに口の中でぜーんぶ混ぜこぜにして食べるのがお気に入り。それからジップロックに入れて、サラダと一緒にお弁当としても持っていく。サラダは、グリーンカールと、アーモンドと、黒オリーブと、バジルと、コリアンダーと、白カブと、赤と黄のパプリカと、ピーマンと、トマトと、きゅうりと、アボガド。

グルテンフリーVeganバナナマフィン

材料

    アメリカの軽量カップ使用:
    DRY材料:
  • オーツ麦 2カップ
  • ココナッツフラワー 1/2カップ*
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • くるみ 適量*
  • ココナッツシュガー 1/4カップ(オプション)*
  • シナモン 適量
  • 塩 適量
  • WET材料:
  • 豆乳 1カップ*
  • バナナ2本
  • フラックスシードパウダー 大さじ2*
  • バニラエクストラクト 少々

作り方

  1. バナナをフォークでつぶす
  2. 1に豆乳とバニラエクストラクトを入れ、最後にフラックスシードパウダーを入れて、よく混ぜる
  3. オーツ麦2カップをフードプロセッサーで粉状にする
  4. くるみを包丁で2~3等分にし細かくする
  5. DRY材料をすべてボウルで混ぜ合わせる
  6. フラックスシードを入れたWET材料をDRY材料に少しずつ入れてよく混ぜ、オーブンを180℃に余熱する間、生地を寝かせる。
  7. フラックスシードとオーツとココナッツパウダーが水分を吸収して生地の水っぽさがなくなり、ぽてっと、重くねっとりとしてきたら型に入れて15〜20分ほど焼く

Notes

ココナッツフラワーがない場合は粉状ではないホールのオーツ麦を使ってもOK。 ココナッツシュガーは他の甘味料(メープルシロップや黒砂糖や甜菜糖など)に代替可。 くるみは、他の種類のナッツやシードに代替可。 フラックスシードがない方はチアシード、veganにしない場合は卵で代替可。 もし生地に水っぽさが残る場合は、オーツ麦やフラックスシードを少しずつ追加して様子を見る。生地をスプーンで持ち上げたときに、重くねっとり変化すればOK。

http://i-eat.carrots.jp/glutenfree-vegan-banana-muffin/


2 thoughts on “グルテンフリーVeganバナナマフィン

  1. おはようございます!
    またまた嬉しいレシピが!!carrotsさんのレシピは家に私のあるものでできるし、代用方法も書かれてあり、簡単に真似できる(笑)、おまけにカラダにいいし!ありがたいです♡

    6月頭に初の1人ハイキング、芦屋から六甲を越え有馬に行きました。行くまではドキドキでしたが達成すると、また次行きたくなり…私も一人向いてるかも(笑)
    おやつはエナジーバーと自家焙煎珈琲(^^ゞ!でも、なんとなくドキドキしながら、ビビリながらだったので次回は心の余裕持って楽しみたいです(笑)

  2. >エリィさん
    このバナナマフィンも作ってみてくださいね。山に持っていくのにも良いと思いますよ!
    わたしは関東出身なので、関西の山は未知の世界です。それにしても、エナジーバーと自家焙煎珈琲とは!とても素敵な組み合わせ。さぞかし珈琲タイムは満喫できたのではないかしら、、と勝手に想像しています。笑

コメントを残す