ハンモックおじさんの塩ラーメン

これは植物性素材とホタテの旨みで作られたスープの塩ラーメンだそうな。塩はイタリアの海水を約半年かけて天日乾燥した「地中海の天日塩」そして化学調味料無添加、国産小麦使用の無かん水麺。罪悪感もほどほどに鍋からずずずずーっとすするインスタントラーメン。うわ、ジャンクーと思うこれが不思議とアウトドアだとおいしい!最近は山をリビングにしてくつろいでいる。吉祥寺にはいつも外に人が並んでいる人気のハンモックカフェがある。なぜわざわざ並んでまで狭い室内のハンモックでお茶するのだろう。木が2本ある場所を見つければいくらでもハンモックできるのに。

dsc_0605

ハンモックを張って森をリビングにしつらえたら、お弁当を広げたり、バーナーに火をつけ鍋やフライパンでごはんを作ったり、食後にはしっかりコーヒーまで淹れよう。

dsc_0590

せっかくだから歩くのが楽しくて居心地の良い山を選びたい。お金を払ってジムでする運動と、友達とハンモックカフェで過ごす時間と、森林セラピーをすべて同時に行うなら、都心から電車一本でさくっと行くことができる高尾。特に好きなのは高尾山の南に連なる低山の尾根歩き。みなさん、尾根歩きいいですよー。最初に登ってしまえばアップダウンはなし。息切れもなし。だから友達と一緒に歩いて健康的に汗をかきながら互いの近況報告ができてしまう。

dsc_0554

ハンモックの良いところは、山でソファにもベッドにもなってしまうところ。テントのように自然の中にいるのに自然を断絶するような壁を作ることなく、空を眺められて風を感じられてどこまでも開放的。テントよりも軽いのにテントを張るより遥かに簡単に設営できる。地面のコンディションに気を使う必要もなく、テントのように地面と接しないから虫も泥汚れも気にしなくて良い。収納時はスーパーの買い物バッグのように手のひらサイズ、コンパクト

dsc_0600

頂上目指さずに、森でソファベッドに寝転び、ただ本を読みに行くのもいいじゃない。

dsc_0602

ハンモックは、テント泊まではやらないけど日中に山で数時間ゆっくり過ごしたいという方に最適な道具。私が使っている一人用テントは数万円したけれどハンモックは1万円以下。1年のうちどれだけ使うかわからないテントに高いお金を出すよりもずっとずっと手を伸ばしやすい。これから迎える秋の紅葉時にアウトドアの集いをしてみてはどうでしょう。わたしのお気に入りの南高尾山稜のルートは湖や富士山まで見渡せるこれです


コメントを残す