クスクスやトルティーヤのためのVeganチーズソース

夏の暑い日に何時間もチーズをバックパックに忍ばせておくのは抵抗があるでしょう。このVeganチーズソースの材料はすべてドライパウダーのため、持ち運びが軽量で、現地で水を加え、クスクスやトルティーヤと一緒に食べると手軽に山ごはんのレベルとハイカーのテンションをぐんと上げてくれる。家で試作をしてからというもの、わたしはアウトドアに限らず日常的に作っていろいろなものと組み合わせている。ニュートリショナルイーストが聞きなれないと思いますが、ビタミンBが豊富でとても健康的な食材。チーズ風味で一度パントリーに加えたら手離せませんよ!

DSC_1779

DSC_1786

DSC_1784

DSC_1776

DSC_1701

DSC_1795

DSC_1710

DSC_1718

昔の人にとっては「雲が取れそうなほど高い山」だったのだろうか。連休は雲取山にテントを担いで登った。わたしは先日新調したバックパックでヴィーガンランナーのスコット・ジュレクのように疲れ知らずだった。数年前に頭の中で悪態を吐きつづけたのと同じ山道をヒョイヒョイっとトレイルランナーのように軽々と風のように進む。石に腰かけアルコールバーナーで沸かした湯で作る食事。「食べるために登るわけじゃない」と昔オランダ人のあの人は言った。わたしは反発してテントと一緒にお米を担いで山頂で温かい食事を作った。でも今は、軽さとおいしさのどちらも手放さずに済む方法をわたしなりに考えてジップロックで山ごはんを作る。想像力とひらめきが命。実験的要素の強い未知なる分野の食事にわたしは考えをめぐらせている。

DSC_1722

DSC_1758

DSC_1725

DSC_1752

DSC_1735

DSC_1751

DSC_1742

DSC_1755

DSC_1789

 

Veganチーズソース

このチーズソースはVeganですが、豆乳パウダーをスキムミルクに変えてももちろんOKです。

材料

    アメリカの軽量カップ使用:
  • ニュートリショナルイースト 1/3カップ
  • 全粒粉 大さじ2
  • 豆乳パウダー 大さじ1
  • にんにくパウダー 小さじ1
  • カレーパウダー 小さじ1
  • パプリカパウダー 小さじ1/4
  • チリパウダー 好きな量
  • 塩 小さじ1/4~
  • 水 1カップ
  • 市販の炒めタマネギ またはオニオンパウダー 小さじ1(オプション)

作り方

  1. 家で水以外の材料をすべてジップロックに入れる
  2. 山でジップロックの中身をコッヘルに出し、そこに水を注いでかき混ぜて材料を溶かす
  3. バーナーの火をつけ、焦げ付かないようにかき混ぜながら熱を入れてゆくと、液体がしゃばしゃばな状態からもったりしてくる
  4. 味見をして必要に応じて味付けの微調整をすればできあがり

Notes

クスクスの戻し方:お湯を沸かしベジタブルブロスや塩やドライハーブを入れて溶かした後、そのお湯をクスクスの入ったジップロックに注いで口を閉じ数分放置する。クスクスがお湯をすべて吸ってふっくらしていればできあがり。

http://i-eat.carrots.jp/hikers-food-vegan-queso-sauce/


コメントを残す