アーモンドミルクの搾りかすからアーモンド粉を作る

アーモンドミルクの搾りかすでアーモンドプードル(アーモンドフラワー/アーモンド粉)を。

アーモンドミルクの搾りかすはタッパーに入れて冷凍庫に保存しています。ある程度の量がたまったら、熱した鉄フライパンの上でゆっくり弱火で時間をかけて水分を飛ばすように煎っていきます。最近はアーモンドミルクを低速ジューサーにお任せして搾っているので、皮がたくさん目立ちます。少しずつ粉がパラパラになり香ばしい匂いが漂ってきたらフライパンを火から外し、フードプロセッサーに入れてガーっと細かく粉砕。長い時間根気よく粉砕すればアーモンドバターに。その手前で止めればアーモンド粉に。粉はグルテンフリーのパウンドケーキやパンケーキなどを焼くのに使えます。

dsc_09541


6 thoughts on “アーモンドミルクの搾りかすからアーモンド粉を作る

  1. carrotsさん、こんにちは。先日スコビーについて質問させていただいたveganlifeと申します。
    どうもありがとうございました。(^^) あれから段々と育っております。
    こちらのアーモンドの搾りかすの再利用法もとても素晴らしいですね!私もいつも冷凍したり、生のまますぐにビスケットやスコンを焼いたり、カレーに入れたりしていますが、炒ってからアーモンドパウダーにするのは思いつきませんでした^^;)
    ありがとうございます。次回は是非そうします!
    日本ではアーモンドが高価で、、、アーモンドにココナッツ、ゴジベリー、フラックスシード、マカダミアナッツ、パンプキンシードなどをミックスしてミルクにしています。その後の使い道が考えどころですが。。。^^)でも楽しんでいます!
    carrotsさんの投稿、毎回たのしみにしています。
    Have a beautifull day!

  2. > veganlifeさん
    そのミックスしたミルクは最強ですね!そのあとの搾りかすでもおもしろいものができそうです。わたしは最近レンコンを擦って搾った液体を温めて毎朝飲んでいますが(最近鼻水が出るのでお手当て的に)その搾りかすでイタリアンハーブをミックスしたミートボールを作り、先日ご紹介した「スパイシーBBQカリフラワー ”チキン”」で使用したソースで仕上げたところ、もちっとした食感のおいしいミートボールができました!搾りかすまで無駄なく料理に使っていけると満足感がありますね!

  3. 豆乳を作った後に、搾かすを使って卯の花や大豆の粉を作っていましたが、アーモンドミルクの搾かすの再利用はしていませんでした。同じ発想をすればよかったのに、大後悔!次回からは冷凍庫に保存します。ところで、アーモンドミルクは皮付きのアーモンドを使用すると苦味がでませんか。

  4. > sawananaさん
    皮付きのアーモンドを使用しても、私はあまり苦味は気になりませんでした。たしかに気になる方は、浸水したアーモンドの皮を剥いていますよね。浸水した後であれば、それほど苦労せずにぴりっと剥けた記憶があります。アーモンドの搾りかす、これからは再利用できそうでよかったです!

  5. 次回は皮付きのアーモンドでミルクを作ってみます。アーモンドと大豆の搾かすを乾煎りして粉末し、それにオーツフラワーも混ぜて、食物繊維いっぱいのクッキーを作りました。サクッとした食感で、小腹が空いた時にぴったりでした。

  6. > sawananaさん
    アーモンドと大豆の搾りかすにオーツも混ぜたクッキー!おいしそう〜

コメントを残す