手作りアーモンドミルク


oh アーモンドミルク。君なしで僕の朝食は始まらない。

 

低カロリー、コレステロールゼロ、ビタミンE。

アーモドミルクは、アーモンドから作った植物性ミルク。牛乳や豆乳と比べると、低カロリーでコレステロールゼロ。ビタミンEたっぷり。味も香りもマイルド。そのままでもさらっと飲みやすく何にでもあう。何にでもというのは、みなさんが牛乳や豆乳を使う場面であればいつでも・・・つまり、そのまま甘くして飲んでも、朝食のグラノーラにかけても、スムージーやオートミールを作っても、ベーキングに使っても、料理に使っても、コーヒーや紅茶に入れても。
家でアーモンドミルクを作る方法はとても簡単でシンプル。その方法は、一晩水につけて、朝ブレンダーにかけてぎゅっと搾るだけ。

dsc_09301

手作りアーモンドミルクのススメ、2つの理由:

1.搾りたての無垢な乳白色のアーモンドミルクは、新鮮。アーモンドは油分が多く酸化しやすいため、小まめに作る方が良い。

2.市販 vs 手作り。1Lあたりの価格は100円ちょっと手作りのほうが高いけれど、もし搾りかすでアーモンドプードルやアーモンドバターができるとしたら?

私がいつも買っているオーガニックの生アーモンドは1kg ¥2,680で、約470mlのアーモンドミルク6回分。
例えば、
Amazonでプロヴァメルのオーガニックのアーモンドミルク1Lは897円。
アリサンのオーガニックアーモンドパウダー100gは1,338円。
オーガニックのアーモンドバター170gは1,367円。
生のアーモンドからミルクとパウダーとバターができることを考えたら、すべて手作りにすると経済的で、無駄がなく品質も新鮮。

 

手作りアーモンドミルク

Serving Size: 2カップ

材料

  • 〜材料〜
  • ローアーモンド1カップ(オーガニックが好ましい)
  • 水2カップ(それとは別に浸水用の水も)
  • 〜器具〜
  • ボウル
  • ざる
  • ブレンダー または フードプロセッサー
  • 目の細かい袋

作り方

  1. アーモンドを一晩水に浸す(ふたをせず、一晩から長くて2日まで浸水。浸水時間が長ければ長いほど、アーモンドが柔らかくなり、アーモンドミルクがクリーミーになる)
  2. アーモンドの水を切って洗う
  3. ブレンダーにアーモンドと2カップの水を投入
  4. ブレンダーを高速回転で2分ほど混ぜる(始めに数回ブレンダーを回してアーモンドをざっくり粉砕した後2分間、高速回転。アーモンドがどんどん細かくなり乳白色のミルクになってくる。フードプロセッサーを使う場合は4分混ぜる。途中、時々刃を止めて両側にあがってきたアーモンドをゴムべらで下に押し戻して混ぜるようにすること)
  5. アーモンドを濾す
  6. アーモンドミルクを搾る(出来上がり2カップほどを目安に)
  7. 冷蔵庫で保存(密閉容器で2日ほどもちます)

Notes

甘さを加えたい場合は、ミルクを搾ったあとにお好きな甘味料(メープルシロップ、はちみつ、砂糖、アガベシロップetc)を加える。濾すときにチーズクロスやナッツミルクバッグが使われますが、三角コーナー用水切りネットでも代用可。

http://i-eat.carrots.jp/how-to-make-almond-milk/


コメントを残す