Veganフラックスエッグの作り方



DSC_08691

DSC_0871

DSC_0872

DSC_08731

DSC_0894

DSC_0889

DSC_09041

 

Veganの卵??

Veganの方は、卵の代わりにフラックスシードを使って、Veganエッグ(=フラックスエッグ)を作ることができる粉状に挽いたフラックシード(粉状のものはフラックスシードミールと呼ばれる)は、水を与えるとぽってりとろりとする。

 

フラックスシードとは

フラックスシード?それはチアシードと同じようにスーパーフードと呼ばれるもの。なぜスーパーフード?その効果については、フラックスシードに含まれるオメガ3によるところが大きい。オメガ3は、人間の体では作ることのできないa-リノレン酸という必須脂肪酸肌にハリと潤いを与える効果がある。またフラックスシードに含まれるリグナンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをする。恋をすると女性はきれいになると言われるのは、恋をしているとき女性は髪や肌の美しさを作り出すホルモン(エストロゲン)をたくさん分泌するため。肌の弾力やハリの元であるコラーゲンを生成し、肌の潤いの源でもあるエストロゲン。加齢とともに減少するエストロゲンをフラックスシードを摂取することで補うことができる。フラックスシードは食物繊維も豊富なため、腸内環境を整え腸の運動を促し便秘を解消する。

フラックスシードは種のままだと消化がしにくい。そのためグラインダーでパウダー状にしてサラダやスムージーやスープやヨーグルトに振りかけて食べると良い。フラックスシード自体は無味。フラックスエッグを卵の代わりに使うようになると、フラックスシードを日常的に食生活に取り入れることができる。卵のように賞味期限がないため、とても使いやすい。フラックスシードは酸化しやすいため、グラインダーでパウダー状にする場合は少量を挽いて使うと良い。

フラックスシードについては、こちらの記事(#2 忘備録「女性のためのナチュラル・ハイジーン」)も読んでみてください。

 

Veganフラックスエッグの作り方

卵1個相当

材料

作り方

  1. フラックスシードをグラインダーで粉状になるまで粉砕する
  2. 水を加え、卵のようにぽってりとろりとした質感になるまで放置する
http://i-eat.carrots.jp/how-to-make-flax-egg/

 

フラックスエッグを作るときのおすすめブレンダー

わたしが使っているのはこのマルチブレンダー。レンズ豆スープやドレッシングを作るのも、フラックスシードやコーヒー豆を挽くのもこれにおまかせ!Veganココナッツ生クリームや粉末ダシや豆腐マヨネーズもすいすい。調理にかかせない道具です。


コメントを残す