ポレンタ 〜北イタリア的とうもろこしの食べ方〜

ポレンタ?ポレンタはね、とうもろこしの粉を、お湯や野菜の旨みいっぱいの野菜だしへ入れて、鍋でぐつぐつ40〜45分くらい煮て練ったもののことだよ。鍋に入れた水が沸騰してきたら少しずつとうもろこしの粉を入れて、ダマにならないように泡立て器でかき混ぜながら、お湯と融合させてゆく。とうもろこしの粉はすぐに水分を吸収してどんどん、どんどんぽってりと変化してゆく。15分、30分、45分と時間の経過とともに、最初のうちはどろどろしていた鍋の中身が、次第に泡立てた生クリームのように角が立つようになり、粟ぜんざいのようにスプーンで掬えるほど、もったりしてくる。そのままお皿に盛って、リゾットのようにバターやチーズををのせたり、塩で炒めたマッシュルームを添えて食べるとおいしい。または。型に流し込んで冷めるまで待ち、固まったものをスライスしてフライパンでオイルと一緒に両面こんがり焼いたり、フライドポテトのように切って揚げたりすることもできる。コーンブレッドのように食事として食べることもあれば、ナッツやメープルシロップでブレックファーストパンケーキのように食べることもできる。ポレンタは、粉と水分量が大事。粉1カップに対して水分量は5カップくらい。それから気長に弱火にかけて調理していくこと。

DSC_0630

DSC_0632

DSC_0635

IMG_2748

IMG_2752

とうもろこしの風味を最大に活かして塩と水だけで作ったポレンタを型に入れて固め、厚めのハムのようにスライスしてフライパンで焼いた。ルッコラとトマトとおからのポテトサラダとパン。なんといっても、ポレンタとパンの相性は最高なのだから。


コメントを残す