私をアイスクリームスクープで掬って焼いて。

呆れないでね、また作っちゃいました。ピーナッツバタークッキー。コーンブレッドを焼き続けた日々は遥か昔。いまはピーナッツバタークッキーをひたすらひたむきに。でも毎回少し材料ややり方を変えてみるのです、これは実験。今回の挑戦は、1)アイスクリームスクープ(=ただのスプーン)で生地を掬って焼くことと 2)ピーナッツの粉ではなくてどこの家にもある薄力粉で焼くこと。

アイスクリームスクープとは言ってみたものの、そんなもの持っていないから、ふつうのスプーンで掬ってオーブンシートに落として上からスプーンを被せるようにして丸みを帯びさせる。こうして焼くとフォークでクロス模様を描いたときとはまた違うカントリーマアムのような田舎風の素朴なクッキーに。ひとつひとつをもう少し大きくしたらスターバックスのようなクッキーに。

私を掬って焼いて。
この方法はクッキー生地でべたべたと手が汚れず成型からオーブンに入れるまでがとてもスムーズで楽チン。

アイスクリームスクープで掬った生地で、どうして平らなクッキーができるのかなと思った方はいますか?(参考:ベーキングソーダとベーキングパウダーの膨らみ方の違い

焼きたてはほろほろ。ラックの上で冷まして、外は軽くてちょっと固めの食感、でも中はしっとり柔らかく。ピーナッツの粉ではなくニュートラルな薄力粉を使っているから純粋なピーナッツバターのおいしさ。ビターなコーヒーとあわせたら止まらない!!!!

掬って焼くピーナッツバタークッキー(Vegan)

アメリカの軽量カップ使用、クッキー12枚ほど。

材料

作り方

  1. フラックスエッグを準備する。フラックスシード(全粒)を使う方はミルで挽いてパウダー状に、もともとパウダー状のフラックスシードミールを使う方はそのまま分量の水とあわせて、ぽってりするまで放置する
  2. オーブンを180℃に余熱する
  3. ココナッツオイルと甜菜糖とココナッツシュガーをボウルにあわせて泡立て器で滑らかになるまでよく混ぜる
  4. 3にピーナッツバターとフラックスエッグとバニラエクストラクトを混ぜてさらによく混ぜる
  5. 別のボウルに薄力粉とベーキングソーダと塩を入れて混ぜる
  6. 粉類を4のボウルに入れて粉っぽさがなくなるようにざっくり混ぜる
  7. アイスクリームスクープ(またはふつうのスプーン)で生地を掬って、オーブンシートの上に落とす
  8. 180℃のオーブンで10〜12分焼き、焼きあがったらラックの上で冷ます(焼きたてはほろほろと崩れやすいため、5分ほど置いた後にラックに移して冷ましてください。冷ますと固くなってきます)

Notes

フラックスエッグですが、もしミルをお持ちでしたら毎回全粒タイプを挽いて使うと新鮮な状態で使えるのでおすすめです。もしミルをお持ちでない場合は、パウダー状になっているフラックスシードミールを購入して冷凍庫で保存し、酸化を防ぐようにしていただくと良いと思います。

http://i-eat.carrots.jp/icecreamscoop-peanutbutter-cookies/


2 thoughts on “私をアイスクリームスクープで掬って焼いて。

  1. 初めまして!
    とっても美味しそう!
    わたしもピーナッツバターが大好きなので、ぜひ作ってみたいと思います!

  2. > veganglutenfreelabさん
    はじめまして!ピーナッツバターがお好きでしたらマストです!

コメントを残す