「粉豆腐」で作る炒り豆腐

みなさん、「粉豆腐」知っていますか?私は全然知らず、先日長野のスーパーの乾物コーナーを物色していたときに見つけて試しに買ってきました。調べてみたら粉豆腐は信州の地域だけで昔から常食されてきたものなのだとか。簡単に説明すると、高野豆腐を作る工程で欠けてしまった部分を集めて粉状にしたものが「粉豆腐」のよう。大豆製品はなにかとお世話になっているけれど、同じ大豆を原料にしたものでも、豆腐・味噌・きな粉・高野豆腐は消化が良く、納豆・おから・がんも・油揚げは消化が悪いという。たしかに、おからは大好きだけど消化が悪いなぁ、と常々感じています。消化が悪い=腹持ちが良いとして、ダイエットに最適ととくウェブサイトを見ましたが、私は消化の良い食べ物を食べて、胃や腸に長いあいだ食べ物が滞留しないほうがいいなぁ、と思います。ということで、消化の悪いおからに変わって、これからは粉豆腐を使おうと思いました。なぜなら、粉豆腐のパッケージの裏側にある炒り豆腐をレシピ通りに作ったら、とぉぉぉぉぉっても美味しかったのです!!!!

DSC_0846

おからよりもコクがあると言われている粉豆腐で作る卯の花のような炒り豆腐。消化が良いのでいくらでも食べられます。昔ベジタリアンになる前の学生の頃、私は親子丼が好きでよくがっついて食べていましたが、粉豆腐で作った炒り豆腐をご飯にのせて食べたら、親子丼を食べている感覚になると思うのです。高野豆腐(=粉豆腐)は、豆腐の栄養がぎゅっと詰まった高たんぱく質・低脂肪で栄養価の高い食品。カルシウムとイソフラボンも豊富で、ダイエット食品としても推奨されているみたい。たしかに高たんぱく質だから、けそっとやつれるのではなく健康的に体重は減らせるかもしれませんね。個人的にはダイエット云々よりも、高たんぱく質・低脂肪の性質をふまえて、グルテンフリーのベイキング材料としてのポテンシャルをついつい考えてしまいます。グルテンフリーにこだわらずとも、小麦粉に半分加えてマフィンやホットケーキを焼いても良さそうですね。

DSC_0833

DSC_0838

DSC_0840

DSC_0841

DSC_0842

DSC_0846

 

「粉豆腐」で作る炒り豆腐

材料

  • 粉豆腐 80g
  • だし汁 2カップ
  • 干し椎茸  4枚
  • 人参 中1/2本
  • いんげん 3本
  • 甜菜糖 大さじ4
  • 醤油 大さじ2
  • 塩 小さじ2/3
  • 油 大さじ1

作り方

  1. 椎茸は水にひたして戻しておく
  2. 椎茸、人参、いんげんをみじん切りにしておく
  3. 鍋に油を入れ、みじん切りの野菜を軽く炒め、だい汁を加えます
  4. 甜菜糖・醤油・塩を加え、煮汁が煮たったら、粉豆腐を入れます
  5. ふたをして弱火で2分煮た後、ふたをとり中火で5分くらい、水気がなくなる程度まで炒り煮します
http://i-eat.carrots.jp/konadofu-iridofu/


コメントを残す