じゃがいもとネギの温かい冬のスープ

それは肌寒くて小雨がよく降り、どんよりした灰色の空が広がる街だった。雨でも傘をささず、コートについたフードをすっぽりとかぶり、両手をポケットにつっこんで歩く。あの頃のことを思い出そうとすると必ず浮かぶのは、そんな空模様と、小石(pebble)で埋め尽くされた海岸の冷たい風と、海の上でカモメ(seagull)が鳴きながら遠くの空を優雅に弧を描いて飛び回る姿。

今となっては誰に借りたか忘れてしまった、「しばらく使わないからいいよ」と譲り受けた大きな男性用の、足を伸ばしても決して地面に届かない自転車で、わたしは海までの坂道をぐんぐん下り、海岸沿いの自転車レーンにのって隣町まで風を切る。コミュニティカレッジで開かれるクッキングクラスのその日のメニューは、その土地でよく採れ常食されているジャガイモのスープ。ジャガイモとネギをたくさん切って弱火でじっくり炒めてベジタブルブロス(野菜だし)と一緒に煮込み、最後にハンドブレンダーで具をなめらかにピューレした、野菜の栄養たっぷりの、とろりとクリーミーで温かみのある winter soup。

これは にんじんとレンズ豆のスープと並んで、当時から何度も繰り返し作っている私の大好きな寒い季節の温かいスープ。今は毎日通学する日々。朝、家を出るときはお腹が空いていなくても、電車に揺られて学校へつく頃には少しだけお腹がすいて(学校のお昼の時間は少し遅いから)いつもパンを食べる。でも駅前のパン屋さんのパンもコンビニのパンも甘くてスカスカで、食べたあとに後悔するから、ある夜コーンブレッドを焼いた。アルミホイルに包んで持って行き朝ごはんにする日もあれば、このじゃがいもとネギのスープとルッコラのバルサミコサラダと一緒にお弁当にする日もある。写真のコーンブレッドは、明け方のスウィートコーンブレッドのレシピを元に、粉の配合を「コーンミール1カップ+ピーナッツフラワー1/4カップ+地粉1/4カップ+タピオカ粉1/2カップ」にした。グルテン控えめの甘いコーンブレッドを焼いた日は学校に行くのが幾分楽しみだ。

ピーナッツフラワーヘルシー & グルテンフリー & 低脂肪 & 高たんぱく質。
※地粉(=小麦粉)は米粉やソルガム粉などのグルテンフリー粉で代用可。タピオカ粉は片栗粉で代用可。

じゃがいもとネギの温かい冬のスープ

材料

  • オリーブオイルまたは米油や菜種油 大さじ2
  • 玉ねぎ 1個
  • 長ネギ 3本(白い部分のみ)
  • じゃがいも 4個
  • ガーリックパウダーまたはニンニク 好みの量
  • 塩 小さじ1〜(ベジタブルブロスの味によるので、味見しながら量を調節する)
  • 黒こしょう 好みの量
  • Herbs de Provence 好みの量
  • ベジタブルブロス 630ml ※詳細はレシピ下を参照
  • ベイリーフ 1枚
  • 豆乳またはココナッツミルク 125ml
  • レモン汁 大さじ1半
  • トッピングアイディア:
  • ニュートリショナルイースト
  • 刻みネギ
  • パセリのみじん切り
  • 黒こしょう

作り方

  1. 鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎとネギと塩を入れ、柔らかくなるまで3〜5分中火で炒める
  2. じゃがいも、ガーリックパウダー、塩、黒こしょう、herb de provinceを加えて、2〜3分さらに炒める
  3. ベジタブルブロスとベイリーフを鍋に入れ、沸騰したら弱火で15〜20分ほど煮込む(じゃがいもが柔らかくなるまで)
  4. 火を止めてベイリーフを取り出し、豆乳とレモン汁と酒粕を加える
  5. 味見をしながら塩で味を整える
  6. スープの具をハンドブレンダーでクリーミー、なめらかにする
  7. スープを器に盛りトッピングを添える

Notes

普段はキューブ状の野菜だしの素を使うけれど、今回のベジタブルブロスは野菜クズからとったため味が薄く、塩を多めに、そして味に奥行きを出すために酒粕を少量溶いて入れました。

http://i-eat.carrots.jp/leek_and_potato_soup/

ベジタブルブロスについて
普段料理をしているときに出た無農薬野菜のクズ(ヘタやワタや皮や芯や種など)をジップロックにためて冷凍庫で保存しておき、ある程度(両手いっぱいほど)たまったら水1000mlと酒(大さじ1)と一緒に20分ほど煮て野菜だしとして、スープや炊飯や味噌汁などに使っています。野菜だしは野菜や果物がもつ天然の化学成分「フィトケミカル」が豊富なため、体の老化を防ぐ抗酸化作用や、免疫力向上作用や、抗がん作用のある黄金色いたスープです。玉ねぎの皮にはとても良い栄養があるけれど、入れすぎると苦味が強くなるため少量に留めておいた方がよく、甘みのある野菜(かぼちゃのワタやキャベツの芯や人参の皮など)をたくさん使うと優しいスープのだしが出るので、とってもおすすめです。

大好きなスープ作りには、手軽な卓上マルチブレンダーを使っています。鍋の中にそのまま入れてピューレすることができるので、本当に便利です。


コメントを残す