Veganパルメザンチーズをマッシュルームケールサラダに

こんにちは。金曜の夜中に鹿児島・種子島・屋久島の旅から戻りました。鹿児島では渋い湯治宿(自炊)や砂風呂や開聞岳をでーんと見渡す露天風呂。種子島では島ドライブ。そして屋久島では2泊3日の縦走登山。久しぶりに大自然を満喫しました。旅に出て戻ると、また旅に出たくなりませんか?次はどこへ行こうかなって。北海道にも行きたいし、奄美大島にも行きたい。最近は国内も本当に安く飛行機に乗れることができるようになったので、思い立ったらいけるという感覚がうれしいです。みなさんが大自然を感じる場所はどこですか?教えて欲しい。それまでは、とりあえず近場の伊豆にいけたらいいな。歩きたい山があるのです。

さて、旅から帰ってきてみたところ冷蔵庫は空っぽで、食材の買い出しへ出ましたらケールと目が合いました。さっそく洗って葉っぱの部分だけちぎって肩揉みをするようにケール揉み。しんなりしたところで、マッシュルームとズッキーニをフライパンで炒め、酒粕で作ったパルメザンチーズをふりかけ、イエローマスタードドレッシングをかけていただきました。とってもフレッシュでシンプルで栄養に富む、元気サラダ。酒粕パルメザンチーズ、おすすめです。長芋をフライパンで両面焼いたものに振りかけて食べてもとてもおいしい。作り方は簡単。寺田本家でも紹介されている通り、酒粕と米粉と油と塩を混ぜて140℃の低温オーブンでほんのり黄色に色づくまで焼くだけ

Veganパルメザンチーズをマッシュルームケールサラダに

Veganパルメザンチーズは寺田本家のレシピ参照。ドレッシングはアメリカの計量カップ使用。計量換算表は別途I EAT.のHPのMenuに記事がありますのでご参考にしてください。

材料

    Veganパルメザンチーズ:
  • 酒粕 70g
  • 米粉 50g
  • 米油 大さじ2
  • 塩 小さじ1
  • ケールサラダ:
  • ケール
  • マッシュルーム
  • ズッキーニ
  • 塩・胡椒
  • イエローマスタードドレッシング:
  • リンゴ酢(またはレモン汁) 大さじ2
  • オリーブオイル 1/4カップ
  • ガーリックパウダー 好みの量
  • イエローマスタード 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 胡椒 少々

作り方

    Veganパルメザンチーズ:
  1. ボウルに材料をすべて入れ、まんべんなく混ぜ合わせる
  2. 1をフードプロセッサーに入れ、粉チーズ状に細かくする(酒粕の水分が多いときは、米粉で調整)
  3. オーブンシートを敷いた天板に1を広げ、140℃のオーブンでほんのり黄色になるまで10~15分焼く
  4. ケールサラダ:
  5. ケールは茎の部分を取り除き、葉の部分をちぎってボウルに入れ、しんなりするまで手で揉む
  6. マッシュルームとズッキーニをフライパンで炒め塩胡椒する
  7. ドレッシング:
  8. すべての材料を混ぜ合わせる
http://i-eat.carrots.jp/mushroom-kale-salad-with-vegan-parmesan-cheese/

青汁で使われるケールの栄養効果について

    • 強い抗酸化作用(Bカロテン、ビタミンC、ビタミンE)で、活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐため、動脈硬化や心筋梗塞を予防する
    • 豊富な食物繊維で便秘を改善し、コレステロールの排出や急激な血糖値の上昇を防ぐ
    • 目を保護する働きのあるルテイン

2 thoughts on “Veganパルメザンチーズをマッシュルームケールサラダに

  1. Veganパルメザンチーズはすごい気になります。アメリカ(シアトル)で酒粕は手に入れるでしょうかね・・・。探すのを楽しみに!ありがとうございます。

  2. > セバスチャンさん
    アメリカで酒粕はどうでしょうねぇ。私も気になります。もし見つけられたら教えてください!

コメントを残す