#5 備忘録「女性のためのナチュラル・ハイジーン」

〜この本を手にして読んで、たくさんの発見があったので、ここに自分の備忘録として残します〜

(感想)私は季節が変わるごとに3~5日間のジュースクレンズを行っている。クレンズ期間中は、オーガニックの野菜やフルーツで作られたジュースのみ(1日1回ナッツミルクも飲む)で過ごす。1日に飲むジュースは400ml×4~5杯。初めて挑戦するとき、私は空腹に悩まされるのではないか、意志が弱く途中で断念してしまうかも…と思っていた。なにしろ、私は食べることが好きだから。でも実際にクレンズに突入したら、お腹はすくどころか、むしろ、全くすかなかった。食事をしていないのに、時間が経つにつれてどんどんエネルギーが満ちてくる感じで、とっても不思議だった。肌は内側からぱーんと輝き、下腹部もすっきりする。なにより、私がいつも悩まされている足のむくみから完全に解放された。本当にすっきり細くなる。そして見違えるように足もとが羽を得たように軽い軽い。このジュースクレンズの摩訶不思議をこの本は紐解いて分かり易く説明してくれた。もし私がジュースクレンズをする前だったらここで勧められている食事法はストイックで現実的でないと思ったかもしれない。でも幸い私は、この食事法の重要なポイント(消化エネルギーの節約、その節約したエネルギーを毒素排出や免疫システムの稼働にまわす)を頭ではなく先に体で体験・理解していたから、先入観や偏見に邪魔されずページをめくるたび、大きく大きく頷いていた。

 

第8章:超健康(スーパーヘルス)への実践プログラム

「超健康」とは、エネルギー全開で活気に満ちあふれ、心が穏やかで幸せな気分に満たされている状態のことである。

 

ナチュラルハイジーンに基づく食事プログラムの基本ルール:

  • 人間の体にふさわしい食べ物から必要な栄養素を効率よく摂取し、栄養として利用できない物質で体内環境を汚染させないこと
  • 食べ物の消化に向けられるエネルギーを大幅に節約すること(動物性食品や加工・精製食品を極力減らすか、摂取をやめる)

すると、

  • 節約できたエネルギーを、体内環境をクリーンに保つほうへより多く振り分けることができるようになる

すると、

  • 細胞レベルでデトックス(解毒)やクレンジング(浄化)が促進され、各器官や内分泌腺系・免疫系の機能が正常化されるため、さまざまな健康上のトラブルが改善され、エネルギーレベルもアップする

 

すなわち、女性ホルモンのバランスを正常化して女性特有のトラブルを改善しヘルシーな体を作るためのエネルギーを大量に確保するには、食べ物の消化に費やされるエネルギーを節約することが第一優先事項

 

食べ物の消化に用いられるエネルギー量は、平均的な食事をしている人の場合、総消費エネルギー量の40~60%を占め、解毒などの活動に使えるエネルギー量はたったの10~30%!

 

一方、体にふさわしい食事では、消化に用いられるエネルギー量は、体の総消費エネルギーのおよそ20~30%まで節約することができ、自由に使えるエネルギーが40~50%も確保できる。

 

体にふさわしい食事とは?

  1. 果物を、朝、好きなだけ(朝食は果物だけ)
  2. 昼食と夕食は「低脂肪・植物性食品のホールフード(= 未精製・未加工の食品)」
  3. 動物性食品(肉、魚、肉、乳製品)は原則として食べないか、極力減らす
  4. できるだけローフードライフ(生のままの食生活)をめざす
  5. 間食や過食はしない

 

 

第9章:「地球にやさしい食生活」をめざして

私たちの健康も病気も、それはすべて食卓でつくられる。

 

実行に自信を持てない人へフルーツ朝食のすすめ
フルーツ朝食のルール: 朝起きて最初の食事は「果物のみ」にする。好きなだけ食べていい。

注意:

  • できれば水分を多く含んだ果物が望ましい。(リンゴ、みかん、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系、苺、キウイ、すいか、梨、桃、ぶどう、パイナップルなど)
  • 果物は原則として室温で食べる。冬はキッチンより室温が高い寝室に置くなどして工夫するとよい。
  • 自家製のジュースにしてもOK。
  • 最初は昼までにお腹がすくので、間食として腹持ちのするバナナを好きなだけ食べるとよい。
  • 果物の種類は好きなものを2~3種類組み合わせてもかまわないが、できれば1品目だけにするとさらによい。(エネルギー量、デトックスパワーがさらにアップ)
  • 「果物だけに変える」のを誤解して、今まで食べていたもの(白米、味噌汁、牛乳、ヨーグルトなど)に加えて果物を食べてしまわないよう注意する。

完璧をめざすより、できることから続けてみよう

 

健康上の悩みやトラブルは、自分が選択し、食べたものを消化・吸収した結果だ

 

食べるために生きているのですか?

私たちは、すぐに満足感を与えてくれるもの、口の中のわずか5~10センチの要求を満たし、食道の先のおよそ9メートルもある消化器官の要求を満たすものかどうか、などとは考えずに口に運ぶ。

砂糖入りのお菓子やお肉、牛乳・乳製品、白い穀物のような食品には、ファイトケミカル、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった「非カロリー栄養」は全くか、微量しか含まれていない。あなた自身の選択が体に必要な栄養を十分に与えず、利用できない物質で体の組織を詰まらせ、自ら肥満や病気を作ってしまう。

理想的な食べ物の選択基準は、瞬間的に幸せな気分にしてくれる、安くて速くて便利で、流行している食品ではない。正しい基準とは、有害な老廃物で体を詰まらせることがないもの=「低脂肪・植物性食品のホールフード」

 

あなたの体は「買い替え」ができますか?

非常に多くの人が、体も車と同様に最高のエネルギー源を求めているということを忘れ、正しい燃料を与えることよりも、常に大量のドーパミンを放出させ、瞬間的にいい気持ちにしてくれるものを求めて「快楽の罠」に陥っている。車のように買い替えのできないあなたの体には、体が本当に必要としているものを与えてあげる価値があるということをどうか忘れないで。我が子に毒を与える親はいない。

 

最後に。

動物性食品は食べれば食べるほど、私たちの体だけでなく、地球も傷ついていくことを知っておいていただきたい。先進諸国の肉食中心の食習慣は地上から森林を奪い、地球の砂漠化を増大させる大きな原因となった。数えきれないほどの牛が毎日吐き出すメタンガスは車や飛行機以上に地球温暖化の要因となっているし、豚が出す大量の排泄物も大きな環境問題になっている。このままだと、やがて牧草地は過放牧のため砂漠と化し、近い将来、世界の熱帯雨林は消滅してしまうことでしょう。

「ナチュラルハイジーンの食事プログラム」は、「自然の法則」に基づいているので、このプログラムを実践していくことで、無意識のうちに「地球環境の保護」に貢献し、「地球との共生」を実行していくことになる。

母なる大地が少しでも元気になってくれることを願って。

 

 


One thought on “#5 備忘録「女性のためのナチュラル・ハイジーン」

  1. ナチュラル・ハイジーン初心者です。『女性のための…』をまとめてくださってありがとうございます。よくわかりました。家内にこの本を読むように薦めます。

コメントを残す