新玉ねぎ1個を丸ごとドレッシングに

生の玉ねぎは苦手。でも、この時期に出回る新玉ねぎは、とても甘くて火を通すのがもったいない。もらった新玉ねぎは、みずみずしくおいしいうちに食べよう!と、丸ごと1個フードプロセッサーに入れて玉ねぎでトロトロの健康的なドレッシングを作った。

手作りドレッシングは新鮮なまま食べきれるサイズを、新鮮な野菜と質の良い調味料で作ることができるところが良い。ピエトロやキャンティドレッシングも、それっぽいものが手作りできると嬉しく、たとえば玉ねぎ丸ごと、にんじん丸ごと、りんご丸ごとドレッシングに使うと、それだけで作っている自分が食べる前から元気になってしまう。

春はもりもりと生野菜が食べたい気分になりませんか?昨晩のサラダは、生の春菊とグリーンリーフとパプリカやカブやキュウリや、火であぶって表面をぱりぱりにした油揚げや、たくわんのみじん切りを入れたもの。ドレッシングは最後に火を通して玉ねぎの辛味を飛ばす。まだほんのり温かいドレッシングはきっと冷蔵庫で1日置いた頃に馴染んで一層まろやかなハーモニーが出ていることでしょう。今夜もサラダが待ち遠しい。

玉ねぎ丸ごと1個ドレッシング

参考レシピ:白ごはん.comの「簡単おいしい!玉ねぎドレッシングのレシピ

材料

  • 新玉ねぎ 1個
  • 醤油 100ml
  • オリーブオイル 大さじ4
  • 酢 大さじ3
  • みりん 大さじ3
  • 砂糖 大さじ3
  • レモン果汁 1/2個(約大さじ1)
  • 塩 小さじ2/3
  • かつお節 ひとつまみ
  • 胡椒 少々

作り方

  1. 玉ねぎをフードプロセッサーでペースト状にする
  2. みりんを鍋で10秒ほど沸かしてアルコール分を飛ばす
  3. 玉ねぎとみりんとかつお節以外のドレッシングの材料をボウルに入れてよく溶かして混ぜ合わせる
  4. 3に玉ねぎを入れて混ぜる
  5. 4にてでしっかり揉んで細かくしたかつお節を入れる
  6. 5をみりんを煮切った鍋に加えて火にかけ、時折混ぜながら、鍋肌が沸々として湯気が出るくらいまで加熱する(玉ねぎに軽く火が通ればOK)
  7. 粗熱をとり、清潔な容器に入れて完成(日持ちは冷蔵庫に入れ、1週間から10日ほど)
http://i-eat.carrots.jp/onion-dressing/


コメントを残す