簡単パイナップルクリーム、フルーツトッピング

前回の記事でご存知の方もいらっしゃるかもしれません。私はミャンマーとカンボジアを20日間ほど旅していました。東南アジアの良いところはフルーツの種類のバラエイティ豊かなこと!旅先では必ず最初にジュース屋を探し、お気に入りを見つけたら毎日毎日通います。カンボジアは私にとってジュース天国で、どのフルーツをいくつ選んでもジュースは一律1ドル!ある日はココナッツ+マンゴー+パッションフルーツ、ある日はタロイモシェイク、ある日はジャックフルーツジュース、ある日はストロベリー+マンゴージュース、と組み合わせ思いつくまま、その場でジュースを作ってもらい天の恵みを堪能したものです。唯一試さなかったのはドリアンジュース。実は私まだドリアン未体験。どうせ1ドルなのだから試してみなよ!と通りがかりの女の子に言われたけれど、勇気が足りませんでした。

DSC_0964

さて、うちの冷凍庫には旅に出る前に食べきれなかったパイナップルが眠っていました。ワオ!思いがけない宝物。私はさっそくパイナップル2切れと、これまた冷凍庫に眠っていたバナナ1/2本を滑らかなクリーム状になるまでフードプロセッサーにかけ(こちらを参照)、そのクリームの上にストロベリーとオレンジとドライイチジクとカカオニブとローストココナッツをトッピングしました。ローストココナッツはカンボジアで一袋4ドル(2袋買って7ドル)で買ってきたもの。砂糖でコーティングされていないと確認して2袋だけ買ってきたのですが、しまった、これ、もっと買ってくればよかった〜〜〜!!とってもおいしいです。ローストココナッツとカカオニブのカリカリポリポリとした食感とドライイチジクのプチプチとした食感。口と鼻に広がるココナッツの甘みとカカオニブのほろ苦さ。ドライイチジクのぎゅっと濃縮された甘み。ストロベリーは酸っぱく、オレンジは果汁が滴るほどジューシー。トッピングはなんでも良いと思うのです。ナッツでもシードでも、グラノーラもとっても良いと思います。食べたあとも胃に負担にならず、とても軽くて、こんな風に言ったらおかしく聞こえるかもしれませんが、私は夜の食事としてこんなフルーツクリームのボウルを好んでいます。夜ご飯とは言わずとも、みなさんも朝食や間食などにぜひ作って食べてみてください。

DSC_0968


2 thoughts on “簡単パイナップルクリーム、フルーツトッピング

  1. 初めまして。
    コーンブレッドの写真を見ていたら”I-EAT”へたどり着きました。
    どのご飯も美味しそうで!料理のセンスがないものでこんな食卓に憧れます❤️
    また来ます!

  2. >桑原恭子さん

    ありがとうございます!ブログ拝見しました。かっこいいライフスタイルですね!写真がたくさんあってどんどん見てしまいました。
    また I EAT.へも来てください 🙂

コメントを残す