Autumn Pumpkin Scone

歩いてしかいけない温泉に行った。アメリカから帰国するときは目の前に甘くておいし~いニンジンをぶら下げておかないと鬱に陥ってしまいそうで、わたしは友人に紅葉の温泉の手配を託して旅立った。数年来ずっと行きたいと思っていた温泉は、栃木の奥鬼怒にある。きれいに整備された平坦な山道をゆっくり2時間弱歩いて辿り着く温泉。この時期、奥鬼怒は赤や黄色やオレンジ色に染まっていて、2時間の山歩きは見上げて感嘆の声をあげていると「あっ」という間に終わってしまう。救いようもなくざーざーと振っていた早朝の雨は歩き始める頃にはすっかり止み、チェックインまで時間に余裕があることと、早朝の雨でこの日のさらなる5時間の登山を延期したことを良いことに、わたしたちは歩いている途中にあった別の宿の露天風呂に悠々と浸かり紅葉を愛で、湯上りに外でおにぎりを食べ、アルコールストーブで淹れたコーヒーを飲んだ。すると途端に瞼がとろんとしてきて、宿ではほとんどの時間を蒲鉾のような布団に挟まってぐーぐーと寝て過ごした。わたしたちの体はここぞとばかりに休息と栄養と回復を求めて、ただひたすら動物のように眠りこけていた。硫黄のお湯の力だろう。すっかり蓄電して翌日早々に東京に帰ると時計はまだ午後2時をさしていて、わたしは何をしようかと、まだまだこの長い週末が終わっていないことにとても嬉しくなり、近所の大好きなコーヒーショップの軒先でカフェオレを飲み、肌寒くなった夕方の時分にカボチャやマッシュルームやエリンギやしめじやキノコや柿などの秋の食材を買って家路についた。「ハロウィーンにパンプキンスコーンを焼こう。」
小麦粉の替わりにオーツとソルガム粉と片栗粉とアーモンド粉を使い、オーブンで焼いたカボチャをマッシュして、シナモンやジンジャーやナツメグやクローブなどのパンプキンスパイスを振りかけスコーンの生地に練り込む。秋のいろ。

PA310004

PA310007

IMG_1689

IMG_1657

IMG_1669

IMG_1680

Autumn Pumpkin Scone

Gluten-free / Vegan / アメリカの計量カップ使用

材料

  • オーツ+ソルガム粉+片栗粉のグルテンフリー粉 2カップ *
  • アーモンドミルクの搾りかす 1カップ
  • ベーキングパウダー 大さじ1
  • 黒砂糖 1/4カップ
  • シナモン 小さじ1
  • ジンジャーパウダー 小さじ1
  • ナツメグ 小さじ1/4
  • クローブ 小さじ1/4
  • 塩 小さじ1/2
  • 固形ココナッツオイル 1/3カップ
  • かぼちゃ 1/4カップ(マッシュしたときに3/4カップほどになる程度)
  • 豆乳(またはアーモンドミルク)1/4カップ
  • バニラエクストラクト 小さじ1/2
  • メープルシロップ(食べるときに!)

作り方

  1. オーブンを180℃に余熱
  2. カボチャ(1/4くらいの大きさ)を小さく切ったものをオーブンで20分ほどローストしフードプロセッサーでマッシュしてピューレ状にする
  3. ボウルにグルテンフリー粉とアーモンドミルクの搾りかすとベーキングパウダーと黒砂糖とスパイス類と塩を入れてよく混ぜる
  4. 固形のココナッツオイルをナイフなどで小さくちぎりながらボウルに入れて、手で粉を擦りあわせるようにして混ぜる
  5. パンプキンピューレをボウルに入れて、さらに手でざっくり混ぜる
  6. 豆乳にバニラエクストラクトを入れ混ぜた液体をボウルに少しずつ注いで混ぜ、スコーン生地がひとまとまりになるまで混ぜる
  7. クッキングシートの上に大きな平たい円になるように成形し、包丁で8等分になるように切れ目を入れる
  8. オーブンで15~17分焼く
  9. 甘さ控えめなので、焼きたてにメープルシロップなどをかけてお召し上がれ

Notes

* グルテンフリー粉は、オーツ麦1カップ+ソルガム粉+1カップ+片栗粉1カップをミックスした自家製のもの。アーモンドの搾りかすは、アーモンドミールでも代用可。

http://i-eat.carrots.jp/pumpkin-scone/


コメントを残す