「穀物の母」キヌアの美味しい炊きかた

キヌア

キヌア(キノア)は、南米のアンデス地方原産の雑穀で、必須アミノ酸をすべて含み、ミネラルも豊富なことから「完全食」と呼ばれるとても栄養価の高いスーパーフード。
キヌアはタンパク質が豊富で、必須アミノ酸を多量にバランスよく含み、豆類同様、ベジタリアンやヴィーガンに不足しがちなタンパク質の源となる。白米と比べ、低炭水化物で同等のエネルギーなのに対し、2倍のタンパク質、5倍の良質な脂質、8倍の食物繊維、6倍のカリウム、10倍のカルシウム、7倍のマグネシウム、7倍のリン、8倍の鉄を含み、海外では自然健康食品として注目されており、NASAはキヌアの栄養価の高さから「21世紀の主要食」と述べ、理想的な宇宙食の素材の一つとみている。
麦と異なりアレルゲンを持たないためグルテンフリー食に適していて、消化に良い。

キヌアの炊き方

材料

  • キヌア
  • 黒胡椒(オプション)
  • 野菜ブイヨン(オプション)
  • ハーブ(オプション)
  • ニンニク(オプション)

作り方

  1. 流水の下でよく水洗いする
  2. キヌアと水を1:2の比率で鍋に入れ 塩を少量入れる(1カップのキヌアは炊くと3カップ分ほどになります)
  3. (オプション)お好みで野菜ブイヨンやハーブやニンニク、黒こしょうなどを入れてもOK
  4. 沸騰したら蓋をして弱火で15〜20分 水がなくなるまで炊く
  5. 水気がなくなったら火を止め 蓋をしたまま5分蒸し、フォークなどでほぐしてできあがり

Notes

*キヌアを水に2〜4時間つけておくと発芽して生来の酵素が活性化し栄養価が増します。

*表面に赤血球を破壊するサポニンという水溶性の苦み成分をもつため 炊く前によく水で洗うこと。

*一度にたくさん炊いて冷蔵庫に保存しておけば、時間のないときにパパっとサラダにしたりお米の代わりに食べることができます。

http://i-eat.carrots.jp/quinoa/


コメントを残す