ベジ豆キヌアバーガー

ブラックキヌアとキドニービーンズのベジバーガーを作った。お肉を使っていないから物足りないなんてことにならないように、また目で楽しめるようにパテは分厚く、決してお店では食べられそうもないボリュームをだす。失敗のないようにベジバーガーを作るときの材料の比率(パテの法則)をもう一度おさらい。生地ができたら、パテの外側はキヌアをまぶして焼いたときにカリカリとした食感を加える。なくなったらまた作って、の繰り返しになっているVeganマヨネーズとマスタードとケチャップとシラチャでしっかりジャンク風。チーズバーガーみたいな味!と思ってもぐもぐしながら考えてみたところ、どうやらアボカドとパテの組み合わせがチーズのような味を作り出しているようだった。(とろけるチーズのVeganバージョンを試したい場合、レシピはこちら

よかったら参考にしてください:
「穀物の母」キヌアの美味しい炊きかた
Veganフラックスエッグの作り方

ベジ豆キヌアバーガー

アメリカの軽量カップ使用

材料

作り方

  1. フラックスシードの粉と水を混ぜ合わせて放置しフラックスエッグを準備する
  2. キドニービーンズ(または黒豆)の水分をキッチンペーパーなどで吸い取り乾いた状態にする(この状態により最後に加えるパン粉の量が決まります)
  3. フライパンにオリーブオイルをたらし、玉ねぎとにんにくパウダーを入れて玉ねぎが透明になるまで炒める
  4. フライパンにエリンギとスパイスと塩胡椒を加えて炒める
  5. さらに調味料とキドニービーンズ1/2カップ、アーモンドミールをフライパンに入れて炒める
  6. フライパンの中身をフードプロセッサーに入れ、フラックスエッグを加えてなめらかになるまで粉砕する
  7. フードプロセッサーに残りの黒豆1/2カップを入れ、何度かパルスして黒豆を歯ごたえが残るくらいに粉砕する
  8. フードプロセッサーの中身をボウルに移し、キヌア1/2カップを入れて混ぜる(必要に応じてここで再度調味料で味の調整)
  9. パン粉で生地の固さを調整する
  10. 生地を4つに分けて丸める
  11. 丸めた生地を残りのキヌア1/4カップの上で転がしてコーティングした後、手のひらで丸めた生地をつぶし、ハンバーグ型にする
  12. 生地を冷やす
  13. オーブンを180℃で予熱し片面15分焼いたあと、パテをひっくり返して10〜15分焼いてできあがり

Notes

Love and LemonsのBlack Bean & Quinoa Burgers Recipeを参考にしました

http://i-eat.carrots.jp/quinoa_beans_veggieburger/


コメントを残す