ローブラウニー。



この一連の出来事をあなたにどのように伝えようか。

Hi, Raw Brownie.
You are Amazing.

DSC_1393

このローフードのブラウニーは生のカカオと、ナッツと、デーツと、ココナッツという栄養価の高い食材でできている。SWEETSなのに白砂糖が入っていない。本物のブラウニーの如く… いや、このしっとりとした食感やリッチでヘビーな舌触りは、冷えてずっしりとしたガトーショコラといったほうが正しく伝わるのかもしれない。

DSC_1390

先日マジョールデーツとカカオパウダーを買った。もしみなさんが白砂糖のお菓子から足を引っこ抜きたいと考えているなら、そして健康的なSWEETSの道を歩もうと検討しているなら、私から言えることは一つ。なんでもかんでも手を出して材料を買い揃えるよりも、まずは質の良いカカオパウダーとマジョールデーツの2つだけをパントリーに揃えるべし。

DSC_0988

デーツはナツメヤシのこと。プルーンや干し柿のようにやわらかくて濃厚な甘み。カルシウム・マグネシウム・鉄分・カリウムなどのミネラルと食物繊維が豊富な果物。白砂糖をゼロにせずとも控えめにしていくなら、白砂糖をデーツに置き換えてゆくことだ。ロースイーツの甘みはデーツで出すことが多い。エナジーバーだってデーツ頼みだ。デーツはそのままおやつとして1つ口に入れるだけで満たされる。デーツにはいくつか種類があるけれど、どうせ使うならここだけは妥協せずにマジョールデーツを使うこと。他のどの種類のデーツよりも大きくて、ねっとりと柔らかく、とても甘い。2つに割いて中の種を取り出すとちょうどハート型になって愛らしいのもマジョールだ。

DSC_0992

DSC_1370

そしてローカカオパウダー。私は長いことローカカオニブの大ファンだった(神々の食べ物 −カカオニブに恋をして)。小さな粒のカカオニブは、ポリポリとした食感と苦いチョコレートのようなフレイバーで、私はグラノーラジップロックで作る簡単グルテンフリーオーツクッキーに混ぜたり、メープルシロップで甘さを出したピーナッツバターやサンバターに混ぜて果物と一緒に食べたりしていた。でもね。今回、私は一瞬にしてローカカオパウダーに魅せられてしまった。このチョコレートの原材料でもあるカカオの味の強さと濃さといったら。今までデザートでチョコレート風味を出したいときは安価なキャロブパウダーを使っていたけれど、ぐっと本物に寄り添うならカカオパウダー以外もう考えられない。後戻りできない。

チョコレートの原料である「カカオ」は緑茶の4倍ものポリフェノールを含み、さらにビタミンEやカテキンも豊富。すべての食材のなかでもトップクラスの抗酸化スコアを誇る。ほかにも血流量をアップして体を温めるテオブロミンや精神を安定させ肥満を改善するトリプトファン、血管を柔軟にするアナンダマイドといった神経伝達物質の分泌を促し、さらにマグネシウムや亜鉛、カリウムなど不足しがちな必須ミネラルもたっぷり。実に30種以上の有効栄養成分や酵素を含むとされるカカオは、スーパーフードの専門家も一目置く、スーパー美容食材。

カカオパウダーは少量ずつ使うため一度買えば長いあいだ使うことができる。

DSC_1364

DSC_1374

この2つの食材を揃えようと考えたときには既に私の頭のなかにローブラウニーがあった。ローブラウニーの材料としては、マジョールデーツとローカカオパウダーがあればもうこっちのものだと思う。マジョールデーツとローカカオパウダーに投資したら、それ以外の材料はあるもので。ナッツを単体で使っても良いし、複数のナッツを組み合わせてもOK。ナッツにオーツ(パウダー状)を加えても良し。私が選んだのは、ココナッツパウダーと、くるみと、アーモンド。ナッツオンリーだと油分を摂取しすぎてしまい吹き出物ができてしまうことがあるから(Ooops!)ココナッツパウダーやオーツを少量加えるのは個人的に良い考えだと思う。このローブラウニーは、デーツの甘みだけでメープルシロップやアガベや蜂蜜などを入れる必要はない。

DSC_0994
DSC_0998

DSC_1371

DSC_1372

DSC_1377

DSC_1378

DSC_1389

DSC_1387

DSC_1407

このローブラウニーの材料はこちら

DSC_1411

ローブラウニー

アメリカの計量カップ使用

材料

作り方

  1. マジョールデーツの種を出す
  2. すべての材料をフードプロセッサーに入れて混ぜる(デーツのねっとりした性質でだんだん柔らかい粘土のような塊になってくる)
  3. 型に入れて冷凍庫で30分〜数時間冷やす
  4. 型から取り出してデコーレションして、ボナペティ。
http://i-eat.carrots.jp/raw-brownie/

 

★ナッツやドライフルーツや粉類は下のお店がおすすめ


2 thoughts on “ローブラウニー。

  1. こんにちは。以前にコメントしましたTです。
    このブラウニー美味しそうなので、職場のポットラックパーティーにぜひ作ってみたいんですが、一つの質問があります。
    Rawのナッツ使う時は水に浸してからってのがら、鉄則らしいんですが、carootsさんはこのレシピ浸してから使ってますか?そのままでも大丈夫ですか?

  2. > Tさん
    こんばんは。ナッツですが、時間があるときだけ浸水しています。思いついて作るようなときは浸水せずに作ってしまいます。
    ポットラックパーティーにもし持って行かれたら、みなさんの反応がどうだったか教えてくださいね!

コメントを残す