Road Trip: 持ち物リスト

8月5日。成田からシアトルを経由してカナダのカルガリーへ。

にんじんの持ちものリスト:
食材は、乾物や食生活のバランスが崩れそうなときに持っていたい「ここぞ」というときのお手当食。自分の手足の指先の温度や、便通、尿の回数、睡眠状態、喉の渇きなどで「おや?」と思ったときが出番。

IMG_3020

  • ヤンノー:小豆を煎って粉状にしたもの。腎臓とそっくりな形の小豆は、腎臓の働きを助け体に溜まった余分な水の排出を促し、むくみをとってくれる。漢方の煎じ薬のように弱火でぐつぐつ長時間煮てお茶にする。
  • 葛:体を温めてくれる上、腸の働きを助ける。生姜などを入れて飲むことが多い。
  • 米2合
  • 真空パックのたくわん
  • 海苔8枚
  • 自家製梅醤:梅干しと醤油を練って寝かせたもの。これを三年番茶に溶いた梅醤番茶を飲むと、甘いものや外食続きで崩れた体のバランスを回復してくれる。夏バテや風邪をひきそうなとき、体の冷えを感じるとき、胃腸の調子が悪いときにも。梅醤は市販でペースト状とパウダー状ものもあり、パウダータイプは持ち運びに便利。とはいえ、なんとなくより未加工で本物っぽいものの方が効果がありそうなので、私だったら自家製を準備できないときはペースト状を買うかな。番茶入りのものはそのままお湯にといて飲める。
  • 三年番茶の茶葉:カフェインレスで刺激が少なく緑茶ほど体を冷やさない、とてもバランスの良い優しい飲みもの。
  • 白ごま:なににでも振りかけて!小さな白ごまに宿るパワーは外出先でこそ。
  • しょう油
  • みりん
  • 天日塩:良い塩は本当に大事。良い塩を適量摂取することが体を立て直すことだと気づいてから、体温が上がり調子がよくなった。マイお塩を持っていれば、野菜にぱらぱらと振りかけて食べたり、おにぎりを握ったときに使うこともできる。
  • インドの黒こしょう:ピリリと。
  • ニュートリショナルパウダー:栄養豊富なチーズ味の魔法の粉!乳製品は使われていないVegan食品。詳しくはこちら。 
  • カレーパウダー
  • シナモンパウダー
  • オーサワのカレールー
  • ホワイトシチュールー
  • 油麩:油麩の卵とじ丼のために。 
  • 高野豆腐
  • 切り干し大根:戻し汁は甘くておいしいのでスープに。
  • 芽乃舎の焼きあご出汁:この出汁パックがあれば和食はだいたいうまくいく。
  • 芽乃舎の野菜出汁:この出汁パックの具なしスープだけで寒い日は癒される。
  • 発芽玄米餅:旅先ではどうしても精製穀物の割合が高くなるので玄米を食べたいけれど、玄米を炊くには時間がかかってアウトドアでは現実的ではないのでお餅を選択。醤油と海苔で立派な和食の朝ごはん。
  • ドライクランベリー
  • ドライレーズン
  • 煮干し:体温上がるぞ。

※海外でなければ本当はごま塩と味噌も持っていきたいところ。そして味噌に関しては、時間があれば焼き味噌を作って持っていきたい。そのままでもおいしく食べられるし、お湯を注げばみそ汁にもなる。焼き味噌レシピはまた別の機会に。

 

DSC_0353
DSC_0508

調理器具はおままごとセットみたいでかわいいんだな。普段台所で料理をするのとは事情が違うため、道具には際立った長所と短所がある。それを理解した上で適材適所で使うようにする。アウトドアでいつもと同じ台所環境を期待することを捨てて、クリエイティブに、あるもので工夫してやるようにするとまた違った楽しさと醍醐味がでてくる。

  • オピネルのナイフ2本:カーボンではなくステンレスの刃のほうが錆びずにお手入れがラクでおすすめ。
  • プリムスとMSRのバーナー:バーナーヘッドとガス缶(カートリッジ)は別売り。ガス缶は日本からは持っていけないので現地調達。プリムスのバーナーは安定感とパワーがあり、多少風があってもつくので頼もしい。
  • 木のスプーン数本:クッカーで料理をするときは金属のスプーンではなく木のほうがあたりが優しい。
  • プラスチックのフォーク:バターナイフ兼用。
  • 小さなプラスチックのまな板シート
  • エバニューのチタンクッカー900ml:チタンなので軽いという最高の利点がある反面、焦げ付きやすいマイナス面がある。そのため、焼く調理には向かず、麺類や煮物やお湯を沸かす調理に使う。
  • スノーピークの焚(炊飯用クッカー):内側はスミフロン加工されているので、焦げ付きなし、失敗なし、つるつるしていて洗いやすい!お米2合に180mlの水。メモリがある小さい方のカップで水を計る。炊飯中は蒸気で蓋がカタカタ浮いてくるので、小さい方のカップに水を入れて上から重しとしてのせておくと、蒸気をしっかり閉じ込めつやつやのごはんが炊けるうえに、出来上がる頃にはカップ内の水もお湯になり、ちゃちゃっとみそ汁に変身させることができる。一石二鳥。
  • 折りたたみトースター:今回は玄米餅やコーンブレッドを焼いた。パンも上手に焼ける。
  • ベルモントのシェラカップ480ml:直火OKでお湯を沸かすこともできるし、マグやお皿としても使える。チタンで軽くハンドル部分は折りたためるため、小さなガス缶を入れてパッキングができる。ジョンミューアを歩いたときの調理器具はこれとバーナーのみ。にんじんの強い味方。
  • MSRフライパン:深さがあるのでフライパンひとつで料理(パスタやカレーなど)を作ることができる。取っ手がとれるのでお皿としても使えるしパッキングもしやすい。取っ手を外して焚き火に突っ込んで料理、なんて少々荒々しい使い方でも生き抜いてくれた万能フライパン。これだけでたいていのアウトドア料理は事足りそう。
  • インドのターリー皿:切った野菜をのせておいたり、小麦粉を練ったり、お皿として活躍した。
  • お箸
  • 折りたたみマグ(フォールド ア カップ):スェーデンのアウトドアメーカーWILDOの手のひらサイズのマグ。耐熱温度120℃。
  • 大きい折りたたみマグ(フォールド ア カップ Big):お皿代わりに使う。
  • SEA TO SUMMITのプレート:折りたたんだ状態では、まな板代わりにもなる。今回はサラダやパンケーキのお皿として使っていた。
  • ウェットティッシュいっぱい
  • 大き目タッパー1つ:残り物や使いかけの野菜を入れるのに役立った。
  • 広告で作ったゴミ箱いっぱい:おばあちゃんがよく作っていたあの、、これをまな板の横に置いて生ゴミをぽんぽん入れていく。
  • ジップロック大中小いっぱい
  • アルミホイル
  • スポンジ
  • キッチンペーパー:お皿を拭くのに。
  • 折りたためるソフトタイプのクーラーボックス

 

DSC_0759

リビングアイテムは災害時にも役立つものたち。

  • テント:2人用テントとしては最軽量クラスのため、キャンプはもちろん、背負って泊まりに行くオーバーナイトハイキングにも良い。
  • シュラフ
  • スリーピングマット(サーマレストネオエアー Xライト):女性用モデルはネオエアーの通常モデルよりも暖かい構造。空気を抜けば小さく折りたためる。
  • 折りたたみハンガー1本
  • ヘッドランプ:防水性の高さと圧倒的な明るさ。
  • ソーラーランタン:家の間接照明としても使い、防災グッズとして持っておく。
  • 10g以下の軽量傘
  • トレッキングポール:ずっとトレッキングポールを使わずにハイキングをしていたけれど、去年アメリカを歩いたときに初めて使ってみたら膝への負担が減り体がとても楽だった。
  • 耳栓:飛行機や長距離バスでの移動、テント泊で周囲の音が気になるときに使うと眠れる。
  • 膝サポーター
  • トラベル歯ブラシ:ナノミネラルコーティング加工をした毛先で、歯磨き粉を使わず水だけですっきり磨ける。山の必需品。
  • UVクリーム
  • 化粧水
  • 石鹸
  • シャンプーリンス:ローズマリー、タイム、セージのさっぱりした香り。これらのハーブは古代より髪の毛の成長が促され頭皮に良いと使われてきたもの。
  • 虫除けバーム:シトロネラ、シダー、レモングラス、ローズマリー、ゼラニウムのハーブ成分のバーム。香りが良いので虫除けはもちろん、香水のように香りを楽しんでいた。
  • 汗ふきシート
  • てぬぐい2枚

 

IMG_3036

趣味の持ち物

  • カメラとバッテリー
  • Kindle
  • バードコール:きゅっきゅっとねじった摩擦で小鳥の鳴き声と似た音を出す、森で鳥と会話をする道具!!!!
  • モレスキンの名刺サイズノート:ズボンのポケットに入るコンパクトサイズ。ビビッドな色がかわいく、ゴムバンドで止まっているのでバラバラしない。にんじんの旅の必需品で、マゼンダのカラー、ページは無地を使用中。
  • ガイドブック

 

DSC_0520

洋服は汗をかいても匂わない・冷えないウールに絶大な信頼を寄せている。テント泊のときは真夏でもダウンジャケット&ダウンパンツは必ず持参。

  • パタゴニアのベスト
  • 薄手の長そでTシャツ2枚
  • スェットプルオーバー
  • ナイキのロングパンツ
  • アークテリクスの短パン
  • ウールの下着上下
  • 山用サングラス:高性能レンズに弾力のある軽量フレームでフィット感抜群。とにかく驚くほど軽い。
  • レイバンのサングラス:大のお気に入り。
  • ハイキングブーツ
  • サンダル
  • ウィンドジャケット
  • レインジャケット&レインパンツ
  • ダウンジャケット&ダウンパンツ(就寝用):マウンテンイクイップメントのダウンパンツは細身で、やぼったさがない。冬の部屋着としても使用中。
  • スマートウールの厚手の長そでTシャツ(就寝用):ウールは本当に暖かく冬は普段から愛用。
  • スマートウール長い靴下チャコールヘザー(就寝用):色合いが好きで履きつぶしては同じものをリピート中。
  • パタゴニアのウール長そでTシャツ(使わなかった)
  • ヨガ用のストレッチロングレギンス(使わなかった)
  • スマートウールの短い靴下(使わなかった)

 


コメントを残す