酒粕スライスチーズ



DSC_0151

DSC_0153

いくつか遡る週末にわたしたちは、とある小さなカフェでペリカンの食パンのトーストを食べた。数日前の大雪の影響で、その日の午後からは雪が降ると前もって注意喚起されていた。結局、雪はおろか雨さえ降らず、時間をプレゼントされたから決めた。バタートーストじゃなくてチーズトースト。

DSC_0156

ある日偶然見つけたレシピは、わたしの目を釘付けにするには十分で、わたしは落ち着かない気持ちに負けて、ある深夜の台所でついに秘めごとを。このVeganチーズはとてもシンプル。チーズを固める役割を担っているのは寒天。寒天とゼラチンの違い?それは寒天は天草(海藻)を原料とした植物性であること。チアシードやフラックスシード同様、水分を保持する性質がある。腸まで大量の水分を抱えて下りてくるため、糖やコレステロールの吸収が阻害され、血糖値の上昇が穏やかになり、余分なコレステロールを体外に排出してくれる。食品のなかで食物繊維含有率が一番高く、ダイエット食品として注目されている。市販の寒天は生産地が中国だったり、主原料の天草以外にオゴ草が混ぜられていることが多いので、購入前にパケージの裏を確認。一回のレシピで使う量は数グラムと少量のため、国産の天草100%の良質なものを選びたい。近頃目覚めたわたしの腸活に貢献してくれるスライスチーズ。

DSC_0159

DSC_0164

酒粕スライスチーズ

参照レシピはこちら

材料

  • *粉寒天 2g(大さじ1/4)
  • *酒粕 50g
  • *水 200cc
  • オリーブオイル 大さじ1/2
  • レモン汁 大さじ1
  • 白味噌 大さじ1
  • 塩 小さじ1/4程度

作り方

  1. *印の材料を鍋に入れてぐつぐつアルコール飛ばす
  2. 加熱できたら、 1に残りの材料を混ぜて溶かす
  3. 大きめバットに流して放置
  4. 薄く固めたものを包丁でスライスチーズサイズにカットで出来上がり

Notes

酒粕のアルコールを飛ばすには加熱時間を長くとると良いようです。わたしはコクを求めて水の代わりに豆乳を使いました。レモン汁の量は少なめにしても良いかもしれません。タッパーにそのままチーズ液を流し込みましたが、固まってからタッパーをひっくり返すとすぐに落ちてきました。四隅を切り落とし薄くスライス。食感はもちろん寒天です。蜂蜜を入れてもおいしいそうです。次回は入れてみようかな。

http://i-eat.carrots.jp/sakekasu-slice-cheese/


2 thoughts on “酒粕スライスチーズ

  1. 初めまして。MAYAと言います(*´ω`*)
    乳製品に弱く、最近はグルテンでアレルギーがひどくなることがわかったので、
    いつも楽しく参考にさせて頂いています。
    有難うございます。
    これからも、楽しみに拝見させてもらいますね‼

  2. > MAYAさん
    はじめまして!コメントどうもありがとうございます。
    乳製品に弱くてグルテンも体に合わないとなると、ご自分で作るものが一番安心ですね。
    わたしも(上手下手は抜きに)料理自体が好きなので、なるべく自分で作って食べたいです。
    これからもよろしくお願いします❤️

コメントを残す