胃腸を整える蒸しキャベツの梅生姜オリーブオイル

蒸しキャベツの梅生姜オリーブオイルは、「からだがサビない漢方ごはん」の梅にんにくソースのレシピから、苦手なにんにくを省いたもの。やさしいキャベツに、胃酸の分泌を促し胃の消化を促してくれる梅干しと、胃腸を温め消化器官の活動を活発にする生姜の入ったオリーブオイルのタレは、胃腸が悪いときにぴったり。キャベツは甘く柔らかく、タレはさっぱり。真夏にもぴったり。胃腸の調子を整えて、からだの気・血・水の巡りをよくし、老廃物をすっきり出して解毒することが良い新陳代謝を保つ秘訣。このタレは白ごはんや、おかゆにのせてもおいしい。もちろん、冷やしたキュウリにだって!

小川もサラサラと流れているときは川幅が変わらないけれど、汚れでヘドロがたまってくると川幅が狭くなり、ますます流れが悪くなりますね。これと同じで、便秘も早めに対処しないと、ますますひどくなってしまうわけこれは血にもいえることで、血がドロドロになると流れが悪くなり、血管が弱くなって生活習慣病に。常にからだのデトックスを心がけることが、老化防止のポイントです。(からだがサビない漢方ごはんより)

胃腸を整える蒸しキャベツの梅生姜オリーブオイル

このタレは冷蔵庫で1〜2週間保存できます。

材料

  • キャベツ
  • 少量の水と塩(キャベツを蒸す用)
  • 梅干し1〜2個
  • しょうが(みじん切り)小さじ1
  • オリーブオイル大さじ1〜2
  • 大葉 適量

作り方

  1. キャベツと少量の水と塩を鍋に入れ、ふたをして中火にかける。沸騰したら弱火にし4〜5分蒸す。キャベツを器に盛る
  2. 大葉を千切りにしてキャベツに飾る
  3. 梅干しの種を取り包丁でたたく。
  4. オリーブオイルと梅干しとしょうがと、キャベツの蒸し汁少量を混ぜ合わせて梅生姜オリーブオイルのタレを作る
  5. キャベツにタレをかける
http://i-eat.carrots.jp/steamed-cabbage-with-umeginger-oliveoil/


コメントを残す