テンペ丼

なんでもかんでもイチから作ってみたくなる性質がゆえに、帰国してすぐに調べたのはテンペ菌のこと。海外だとテンペ菌がオンラインで簡単に入手できるから自家製テンペを作る人はめずらしくありません。が、日本だとまだテンペ菌自体あまり需要がなさそう。でも見つけました、テンペ菌。この菌を蒸した大豆につけて種づけして、ヨーグルトのように暖かい温度を保って菌に仕事を任せて放置しておけばテンペができあがる(そうです。)そのうち挑戦してみようかな。やっぱりテンペは健康的でおいしいから。茹でた豆がほくほくと甘いかんじ。
アメリカ紀行を綴っている合間にテンペ丼を作りました。適当な大きさにテンペを切り、合わせ調味料につけている間、かぼちゃと甘長とうがらしを素揚げし、テンペに片栗粉をはたいて油でさくっと揚げるだけ。このどんぶりの醍醐味はそこではなくて、テンペをつけていた合わせ調味料に酢をほんの少し足して最後、丼にじゃーっと回しかけるところ。この日はテンペや素揚げ野菜の下にキャベツの千切りをしいておいたので、キャベツもしっかりタレをキャッチしています。この丼は大葉などの薬味があると良いです。テンペは外がさくさく、中は豆特有のほっこりとした食感。短時間でも味がしっかりとついていて、とても食べごたえがあります。上から白ごまをたっぷり振ると香りと風味が一段とよくなります。テンペは食物繊維が豊富で、イソフラボンは女性ホルモンを整えます。ベジタリアンにはうれしい良質たんぱく質が豊富。お肉の代わりに使うことでコレステロールが抑えられます。

 


2 thoughts on “テンペ丼

  1. いつもすごく楽しくレシピを拝見しています。
    お写真もすてきで、とくにRAWフード関係やグルテンフリー関係は
    日本ではあまりよいレシピがないので、
    すごく助かっています。
    グルテンフリー粉の配分や、
    卵の代用品のレシピはとても助かっていて
    いろんなお料理に利用させていただいています。
    今日、このテンペ丼をみて、
    日本でもテンペが一般的になってきたのを嬉しく思いました。
    (私はインドネシアに二年住んでいたことがあって、毎日フレッシュテンペを食べていたので)
    それで、日本で買えるテンペでは
    たぶん、ルスト・テンペが一番おいしいと思うので
    良かったら試してみてください!
    インドネシア人がこだわりを持って作っているテンペです。
    http://www.geocities.jp/tempe8rusto/
    いつもおいしいものを紹介してくださるので、
    なにか参考になればと思って送らせていただきました。
    これからも楽しみにしています!

  2. > Mariさん
    ルスト・テンペのご紹介どうもありがとうございます!!
    メールか電話注文なのですね。とても気になるので近々注文して食べてみたいと思います。
    インドネシアに2年住んでいらっしゃったのですね。
    わたしもテンペを初めて食べたのはバリ島に1ヶ月滞在していたときでした。
    とても衝撃的でした。豆好きにはたまりません。笑
    Mariさんが作るテンペ料理、いつか教えてください!

コメントを残す