Sweets

あんみつ

寒天はノンカロリー、赤えんどう豆は寒天と肩を並べて食物繊維が豊富。台所でイチからあんみつ作り。寒天、赤えんどう豆の塩茹で、つぶあん、求肥、黒みつの作りかた。

Raw Honey Banana Bread

低温殺菌や濾過されていないローハニーには、生酵素・ビタミン・ミネラル・抗酸化物質が豊富で、舌にざらざらさわるレモンカード色。生蜂蜜(ローハニー)をいれたバナナブレッドのレシピ。

メープルチーズクリームの米粉ロールケーキ

米粉の生地は生まれたての赤ちゃんのようにもちもちしていて、真っ白なメープルクリームチーズは決して甘すぎず(だってこのレシピの甘みの元であるメープルシロップは生地とクリームあわせてもトータル大さじ4しか使われていないもの!)いくらでもキスを浴びせられそうなくらいふわふわ。

マクロビオティック・アップルパイ

しっかりりんごを食べる、おやつと食事のあいだのようなパイ。砂糖や牛乳の代わりにりんごジュースを使い、バターの代わりに植物油を使い、卵黄の代わりに葛湯で溶いたりんごジュースで照りを出した田舎風のどっしり安定感のある焼き上がり。(砂糖・卵・バター不使用)

つぶあんおやき

皮は粉と塩と水を練ったもの。あんこは、小豆を豆から煮て柔らかくなった頃に甜菜糖を入れ水分を飛ばしたもの。鉄フライパンで両面に焼き色をつけカリッと。熱々のときに白い湯気を立ち上らせハフハフと。

冬の生クリームショートケーキ/Vegan

ケーキのスポンジは小麦粉と米粉とアーモンド粉に、豆乳とメープルシロップとオイルとバニラエクストラクトを混ぜたもの。オーブンで生地を焼いている間に、水切りした豆腐にメープルシロップとラム酒とバニラエクストラクトとほんの少しの塩を入れて豆腐生クリームを準備。

寒い朝に食べる抹茶チョコ蒸しパン(卵・牛乳・白砂糖不使用)

チョコレートチップを入れる代わりに甜菜糖は少なめに。油は大さじ1のみ。一つのボウルにすべての材料を混ぜ合わせ、生地を型に流し込み、薄暗い中しゅんしゅんと湯気たつ蒸篭へ入れた。ふたをして10分ほどたった頃にそっとあけてみると、つやつやの若草色した蒸しパンがホカホカの蒸気をあげていた。

改良版:ヘルシーオーツレーズンクッキー(卵・乳製品・小麦粉・白砂糖不使用)

焼きあがりはホロホロと頼りなく柔らかい。けれど冷めるまで待てなくて半分ほどあつあつホロホロのまま口に運んだ。フラックスシードやチアシードやカカオニブのスーパーフードたちがナッツのようなぽりぽりとした食感を与え、レーズンのほんのりした酸味が甘さ控えめのプレーンな大地に引き立つ。

イチジクと桃のラム酒コンポートでグルテンフリーパンケーキ

豆乳生クリームはココナッツクリームよりも雲のように軽く、ラムを含んだコンポートはどっしりと重かった。冬の朝のように。このパンケーキミックスを試してみたかったのは、玄米と米の粉のみだからだった。ラム酒がきいたコンポートは大人の味。秋の味。また焼こう、また食べよう、パンケーキ。

クイジナートDLC-10Sのワークボール買い替え&ストロベリーバナナアイスクリーム

クイジナートDLC-10S(日本仕様DLC-190Jモデルと同等品の北米仕様)のワークボール買い替えと、まるでコールドストーンのお店で冷たい大理石の上で苺がざくざくと砕いて混ぜ込まれるような、バナナで作るストロベリーのヘルシーVeganアイスクリーム。

Hello Sweet Valentine’s Day

I EAT. スイーツギャラリー。どれ作ろう!あなたならどれ??(わたしは今のところホワイトチョコ x  ストロベリー x ピスタチオのチョコレートバーク気分!)

Vegan Almond Biscotti

イタリア語で「2度焼いた」という名前の固焼きビスケット。小さじ1の油とオメガ3が豊富なフラックスシードを卵の代わりに使って焼いた。

腸のお掃除、葛餅のおやつ

食べるなら体にやさしく、働きを助けたり整えてくれるスイーツがいい。葛は体を冷やさず、腸の働きを助けてくれる。きょうは黒蜜の代わりに台所にあったオリゴ糖たっぷりのヤーコンシロップを使った。出来立ての葛餅はほんのり温かく、口のなかでとろけるように柔らかい。

お腹が空いたらパクッと一口、どこへでも持っていけて片手で食べられるヘルシーRAWスイーツ(ナッツ不使用)

市販のエナジーバーは一見ヘルシーなイメージを与えるけれど、裏側の原材料リストはチョコレートバーやクッキーとそう変わらない。本物のエナジーバーやエナジーボールを食べるなら手作りが確実。好きな穀物やナッツやドライフルーツだけで作る簡単スイーツ。

デーツ塩キャラメル*バナナアイスクリーム (RAW + Vegan + No Sugar)

このスイーツは糖も油脂も使っていない。RAWスイーツのレシピを漁るようになって、わたしはますますバランスが大切だとつくづく感じる。どんなに質が良く栄養素の高い食材を使っていても摂りすぎて良いことはない。そしてそれは自分で意識して調整すべきもの。

ストロベリーチョコレートプリンパフェ

チアシードの甘さ控えめのプリンには、白ごまペースト(タヒニ)をベースにした濃厚なフェイクナッツバターの甘しょっぱさが天国のような快感。最後に口の中で全体の味をきゅっと引き締めるのは苺のフレッシュな甘酸っぱいトーン。