Vegan

マクロビオティック・アップルパイ

しっかりりんごを食べる、おやつと食事のあいだのようなパイ。砂糖や牛乳の代わりにりんごジュースを使い、バターの代わりに植物油を使い、卵黄の代わりに葛湯で溶いたりんごジュースで照りを出した田舎風のどっしり安定感のある焼き上がり。(砂糖・卵・バター不使用)

つぶあんおやき

皮は粉と塩と水を練ったもの。あんこは、小豆を豆から煮て柔らかくなった頃に甜菜糖を入れ水分を飛ばしたもの。鉄フライパンで両面に焼き色をつけカリッと。熱々のときに白い湯気を立ち上らせハフハフと。

冬の生クリームショートケーキ/Vegan

ケーキのスポンジは小麦粉と米粉とアーモンド粉に、豆乳とメープルシロップとオイルとバニラエクストラクトを混ぜたもの。オーブンで生地を焼いている間に、水切りした豆腐にメープルシロップとラム酒とバニラエクストラクトとほんの少しの塩を入れて豆腐生クリームを準備。

寒い朝に食べる抹茶チョコ蒸しパン(卵・牛乳・白砂糖不使用)

チョコレートチップを入れる代わりに甜菜糖は少なめに。油は大さじ1のみ。一つのボウルにすべての材料を混ぜ合わせ、生地を型に流し込み、薄暗い中しゅんしゅんと湯気たつ蒸篭へ入れた。ふたをして10分ほどたった頃にそっとあけてみると、つやつやの若草色した蒸しパンがホカホカの蒸気をあげていた。

改良版:ヘルシーオーツレーズンクッキー(卵・乳製品・小麦粉・白砂糖不使用)

焼きあがりはホロホロと頼りなく柔らかい。けれど冷めるまで待てなくて半分ほどあつあつホロホロのまま口に運んだ。フラックスシードやチアシードやカカオニブのスーパーフードたちがナッツのようなぽりぽりとした食感を与え、レーズンのほんのりした酸味が甘さ控えめのプレーンな大地に引き立つ。

寒い日のあつあつバタースコーン/Vegan

寒い日にどうしてもミルクティーと一緒に食べたくて焼いたバター風味豊かなシンプルスコーン。このスコーンは本当においしい。特にラズベリージャムをたっぷりのせた焼きたては格別。翌日に温め直しても食べるけれど、どうしたって焼きたての味にはかなわない。