Vegan

Raw Honey Banana Bread

低温殺菌や濾過されていないローハニーには、生酵素・ビタミン・ミネラル・抗酸化物質が豊富で、舌にざらざらさわるレモンカード色。生蜂蜜(ローハニー)をいれたバナナブレッドのレシピ。

マクロビオティック・アップルパイ

しっかりりんごを食べる、おやつと食事のあいだのようなパイ。砂糖や牛乳の代わりにりんごジュースを使い、バターの代わりに植物油を使い、卵黄の代わりに葛湯で溶いたりんごジュースで照りを出した田舎風のどっしり安定感のある焼き上がり。(砂糖・卵・バター不使用)

つぶあんおやき

皮は粉と塩と水を練ったもの。あんこは、小豆を豆から煮て柔らかくなった頃に甜菜糖を入れ水分を飛ばしたもの。鉄フライパンで両面に焼き色をつけカリッと。熱々のときに白い湯気を立ち上らせハフハフと。

冬の生クリームショートケーキ/Vegan

ケーキのスポンジは小麦粉と米粉とアーモンド粉に、豆乳とメープルシロップとオイルとバニラエクストラクトを混ぜたもの。オーブンで生地を焼いている間に、水切りした豆腐にメープルシロップとラム酒とバニラエクストラクトとほんの少しの塩を入れて豆腐生クリームを準備。

寒い朝に食べる抹茶チョコ蒸しパン(卵・牛乳・白砂糖不使用)

チョコレートチップを入れる代わりに甜菜糖は少なめに。油は大さじ1のみ。一つのボウルにすべての材料を混ぜ合わせ、生地を型に流し込み、薄暗い中しゅんしゅんと湯気たつ蒸篭へ入れた。ふたをして10分ほどたった頃にそっとあけてみると、つやつやの若草色した蒸しパンがホカホカの蒸気をあげていた。

改良版:ヘルシーオーツレーズンクッキー(卵・乳製品・小麦粉・白砂糖不使用)

焼きあがりはホロホロと頼りなく柔らかい。けれど冷めるまで待てなくて半分ほどあつあつホロホロのまま口に運んだ。フラックスシードやチアシードやカカオニブのスーパーフードたちがナッツのようなぽりぽりとした食感を与え、レーズンのほんのりした酸味が甘さ控えめのプレーンな大地に引き立つ。

寒い日のあつあつバタースコーン/Vegan

寒い日にどうしてもミルクティーと一緒に食べたくて焼いたバター風味豊かなシンプルスコーン。このスコーンは本当においしい。特にラズベリージャムをたっぷりのせた焼きたては格別。翌日に温め直しても食べるけれど、どうしたって焼きたての味にはかなわない。

Vegan Cheese Pizza

ピザは、生地にトマトソースを塗り、バジルをちらし、Veganとろけるチーズをのせ、サラダほうれん草をざくざく切って、香り高いオリーブオイルを垂らし、種子島の塩をぱらぱらふって焼いたもの。30分ちょっとで作れてしまう、これはとてもズボラピザ。

Veganパンプキンセージクリームパスタ

野菜の優しい甘みの中にセージの爽やかなグリーンのハーブノートと、ニュートリショナルイーストのチーズ風味、それからレモンとブラックペッパーのふわりと鼻先に広がるフレッシュな柑橘系のどこまでも軽い香りがアクセントとなる美しいオレンジ色のクリームソースのパスタ

ベジタリアンのインドネシアサテ

だから私はある日、台所でインドネシアに旅をすることにした。大好きなインドネシア料理のサテ。鶏肉の代わりは豆腐やカラフルな野菜。串にさして焼いたベジタリアンサテには最後にピーナッツソースをまわしかける。目を閉じれば、あの土地へそっと舞い落ちる。

クイジナートDLC-10Sのワークボール買い替え&ストロベリーバナナアイスクリーム

クイジナートDLC-10S(日本仕様DLC-190Jモデルと同等品の北米仕様)のワークボール買い替えと、まるでコールドストーンのお店で冷たい大理石の上で苺がざくざくと砕いて混ぜ込まれるような、バナナで作るストロベリーのヘルシーVeganアイスクリーム。

スキレットでパクチーフライドポテト

ガーリックと塩とパクチーで味付けしたホクホクかりかりのスキレットフライドポテト。スキレット方式の利点は油の量がだんとつ少ないことと、中がもっちり外がカリカリの仕上がりになること。

鉄フライパンでベジタブルラザニア

玄米でできたラザニアシートをバリバリ割って茹でて鉄フライパンに敷き詰めて作る、オーブン調理なしの手抜きラザニア。ハーブ豊かなトマトソースと、牛乳・バター不使用のベシャメルソースで胃に軽い、でも食べ応えがっつりのベジタリアンレシピ。

テンぺの醤油生姜ニンニク炒めのせご飯

大豆発酵食品であるテンぺは、その食べ応えと栄養素で、Nonベジタリアンの男性からダイエット中の方まで、どんな人のニーズにもマッチ。これは、あれよあれよと胃袋に収まってしまうテンぺの醤油生姜ニンニク炒めのせご飯。

ピーナッツダルカレー

トマトの酸味と、ココナッツシュガーとピーナッツの微かな甘みと、スパイスの効いたカレー。西インド、グジャラート州のカレーだとか。だからグジャラートの旅のはなし。

Veganチーズ風ディルスコーン

内側からぐーんと上に向かって持ち上げられた生地は歯を入れるとざくざく、ほろほろ。どうしたって、バターをたっぷりつけたり、バターナッツかぼちゃのスープやにんじんとレンズ豆のスープやじゃがいもとネギのスープに添えて食べたくなる。

Vegan Almond Biscotti

イタリア語で「2度焼いた」という名前の固焼きビスケット。小さじ1の油とオメガ3が豊富なフラックスシードを卵の代わりに使って焼いた。

Road Trip: アボカドとグリーンハーブとフレッシュ野菜のレインボー生春巻き

生春巻きの皮のもちもちした食感と、生野菜のみずみずしくしゃきしゃきした食感と、鼻を突きぬける3種のハーブのさわやかな香りと、アボカドとタヒニのクリーミーで濃厚なテクスチャーと、ソースのぴりっとしたスパイシーさと微かなレモン風味

テンペ丼

このどんぶりの醍醐味は、テンペに下味をつけるための合わせ調味料に酢をほんの少し足して最後、丼にじゃーっと回しかけるところ。

野菜南蛮

この野菜南蛮は、たれが本当においしくて、同居人は残ったたれを少し辛く味付けして、茹でたちぢれ麺と一緒にきれいに最後まで食べきったほど!暑い日に食べたい夏野菜を使った一品。

中東料理のひよこ豆ペースト、フムスのシンプル・イズ・ベストなレシピ

ひよこ豆はベジタリアンの大事なたんぱく源で、かつ、白ごまには強い抗酸化作用がある。小腹がすいたときの軽食としてもフムスは健康的な間食になる。めぐりめぐってようやく辿り着いたのは必要最小限の材料で作るシンプル・イズ・ベストなレシピ。

デーツ塩キャラメル*バナナアイスクリーム (RAW + Vegan + No Sugar)

このスイーツは糖も油脂も使っていない。RAWスイーツのレシピを漁るようになって、わたしはますますバランスが大切だとつくづく感じる。どんなに質が良く栄養素の高い食材を使っていても摂りすぎて良いことはない。そしてそれは自分で意識して調整すべきもの。

Veganフラックスエッグの作り方

フラックスエッグの作り方と、スーパーフードと呼ばれるフラックスシードの栄養とその効能について。フラックスシード粉に水を加えたフラックスエッグで、卵を使わないVeganパンケーキやマフィンを焼くことができます。

Autumn Pumpkin Scone

小麦粉の替わりにオーツとソルガム粉と片栗粉とアーモンド粉を使い、オーブンで焼いたカボチャをマッシュして、シナモンやジンジャーやナツメグやクローブなどのパンプキンスパイスを振りかけスコーンの生地に練り込む。

バターミルクの魔法と作り方

バターミルクは簡単に作ることができる。ベーキングソーダがバターミルクの酸と結合すると二酸化炭素を生み出し、その二酸化炭素が気泡となって生地を膨らませ軽く仕上げてくれるのだそう!

One Bowl Dinner

酵素玄米ごはん、オーブンで焼いたサツマイモとブロッコリーの茎、コーン、ニンジンジュースの搾りかす、クランベリー、タヒニ豆腐ソース、生の白菜も。