カシュークリームチーズ・シナモンロール(卵乳製品不使用)



Yes, I did. I did bring an end to that. Happy? of course I am happy. 

dsc_0734

どうせ物事や状況がいつか変わるなら自分のために自分のタイミングで変えようと思った。何年もだらだらと迷っていたことにエイヤと決断を下し実際に行動を起こしてみたら、変化を起こすことはいつも大して難しいことではなかったということに改めて気づく。ひとたび考えを音にして口から外へ押し出してしまうと、周囲の交通整理が一斉に始まり、その地点からここまでは「あっ」という間。久しぶりに冷える朝。太陽が昇る前の曇った世界で数匹のカラスがカァカァと乾いた声で鳴いていた。わたしは目を閉じて耳を澄ませながらヴィラーサナの座位のポーズからヨガを始めた。今日は雨の予報だと知ったとき、外出は早々に諦めカシュークリームチーズのVeganシナモンロールを焼くことに決めた。

dsc_0743
dsc_0748

アジアを旅するたびにシナモンをはじめ、たくさんのさまざまなスパイスを抱えて使ったけれど、スパイスはまるで魔法のようで、質によって料理の風味が大きく変わる。古いものは効力がなく新鮮なものほどスパイスの香りと個性ある香りが引き立ち、塩や砂糖の量は最小限に抑えても味に最大限の奥行きを出すことができる。シナモンこそ贅沢に香りの良いものを選んで。天然のココナッツの糖は白砂糖と比較すると低血糖で体にやさしくアミノ酸などの栄養価も豊富。このレシピには迷わず、香りの良いシナモンとキャラメルのようなコクのあるココナッツシュガーをブレンドしたシナモンシュガーを。

dsc_0754

dsc_0757

dsc_0764

二次発酵を終えたシナモンロールたちは鉄フライパンの中でおしくらまんじゅう。オーブンで焼いているあいだにカシュークリームチーズを作る。このVeganクリームチーズの材料は、カシューナッツとレモン汁とココナッツオイルと少量の塩とメープルシロップ。カシューナッツはミルキーで、レモンの酸味が爽やかに加わったカシュークリームチーズはRawキャロットケーキのアイシングにも以前使ったことがある。本物のクリームチーズよりも軽やかでヘルシー。

dsc_0770
dsc_0781

dsc_0776

dsc_0777

オーブンから出したてが一番美味しいのはもちろんのこと、冷めてしまっても少しの手間を惜しまずに温めてあげれば素晴らしい朝食に、お八つになる。レンジが手軽だけど、うちは蒸篭で数分、蒸気でふわっと生き返らせたあとにトースターで周りの水分が抜けて少しだけカリカリになるまで温めてから食べる。ほとんど焼きたてと変わらない。台所の窓の外に毎日張り付いてる家守(ヤモリ)の小さな5本指を静かに愛でているとトースターでうっかり焦がしてしまうので注意。

dsc_0813

甘さは控えめだから、甘いのが好きな方はもう少しココナッツシュガーの量を増やすといい。アイシングをカシュークリームチーズではなく通常のパウダーシュガーを使ったものにしても。変化球かつもっとヘルシー志向でいくならマジョールデーツだけで作る塩キャラメルをのせた「キャラメルシナモンロール」もいいんじゃないかな。でも一番簡単なのはメープルシロップをお皿に少し注いで、その上にシナモンロールをのせて「はい」と差し出してあげる方法。

カシュークリームチーズ・シナモンロール(卵乳製品不使用)

アメリカの軽量カップ使用

材料

    生地:
  • 白神こだま酵母 1パック
  • 水 1カップ
  • ココナッツシュガーまたはその他の砂糖 1/4カップ
  • 地粉(小麦粉) 3カップ
  • 塩 小さじ1
  • ココナッツオイルまたはその他のオイル 1/4カップ
  • フィリング:
  • シナモン 大さじ1
  • ココナッツシュガーまたはその他の砂糖 1/4カップ
  • ココナッツオイルまたはその他のオイル 大さじ1
  • カシュークリームチーズ:
  • カシューナッツ 1カップ(前もって4時間〜1晩浸水しておく)
  • レモン汁 大さじ2
  • ココナッツオイル 大さじ1
  • メープルシロップ 大さじ1〜2
  • 塩 小さじ1
  • 水(柔らかく緩いクリームチーズにしたい場合のみ)オプション
  • トッピング:
  • アーモンドやブラジルナッツなどの砕いたナッツ
  • レーズンやクランベリーなどのドライフルーツ

作り方

  1. 水を人肌温度ほどに温め、白神こだま酵母とココナッツシュガーを入れて5~10分放置する
  2. 別のボウルに小麦粉と塩を混ぜ合わせる
  3. 1の酵母の表面が泡立ってきたら(酵母が活性化した印)2のボウルにココナッツオイルとともに入れて混ぜる
  4. 生地がまとまってきたら打ち粉をした板の上で何度か生地を折り返し丸めて、ココナッツオイル(分量外)を薄く塗ったボウルに入れてラップし、暖かい場所で2倍に膨らむまで一次発酵させる(約1時間ほど)
  5. 生地が2倍の大きさになったのを確認したら、打ち粉をした板の上に生地を出し、上から押さえてガス抜きする
  6. 綿棒で長方形に広げる
  7. 生地にフィリング用のココナッツオイルを塗り、その上にシナモンシュガーを振る(長辺の端は巻き終えた生地を止めるためココナッツオイルを塗らないようにすること)
  8. ココナッツオイルの上にシナモンシュガーをまんべんなく広げ、手前からくるくると巻く
  9. 巻き終えたら生地を均等に8等分する
  10. スキレットにココナッツオイルを塗り、8等分した生地を間隔をあけて並べる
  11. スキレットに蓋をして二次発酵させる(生地がスキレット内でおしくらまんじゅうするほど。30分程度)
  12. オーブンを180℃に予熱し、二次発酵を終えたらスキレットをオーブンに入れ20〜25分焼く
  13. 焼いている間カシュークリームチーズを準備する
  14. 浸水していたカシューナッツの水を捨ててフードプロセッサーへ入れる
  15. その他の材料も入れて滑らかになるまで粉砕する
  16. シナモンロールが焼きあがったら、カシュークリームチーズを塗ってできあがり
  17. お好みでシナモンシュガーのフィリングやトッピングにナッツやドライフルーツを使ってもOK

Notes

ココナッツシュガーに揃えてココナッツの香りのするココナッツオイルを使ったけれど、ない場合は菜種油など他のニュートラルなオイルで代用可。

http://i-eat.carrots.jp/vegan-creamcheese-cinnamonrolls/

 


コメントを残す