Coconut Strawberry Scones (Vegan & Gluten-free)

オーツフラワー + ココナッツフラワー + ココナッツシュガー + ベーキングパウダー + 塩

Women not girls rule my world
I said they rule my world
Act your age, mama
Not your shoe size
Maybe we could do the twirl
You don’t have to watch Dynasty
To have an attitude
You just leave it all up to me
My love will be your food
Yeah

Kiss |  Prince

 薄暗い部屋のなかで雨の音を打ち消すように(いつものレゲエインストルメントではなく)オールドスクールR&Bを流している。きょうは1日家から出ずに装飾具作りに励もう。どうしても納得いくデザインに行き着かず何度もやり直し。慰めとなるのは、時折泣きたくなるようなメロディーラインと石やビーズ一つ一つの個性。プリンスが流れてきたところでオーブンのレバーをじりりとひねる。グルテンフリーにするつもりはなかったけれど、オーツとココナッツの組み合わせはそれだけで甘さがでるから良い案だと思った。(実際に焼きあがったスコーンはチョコレートを使っていないのにチョコレートのような味がしたのだから不思議。)冷凍庫にあったオーガニックストロベリーの凍った塊。バターの代わりに冷えた真っ白のココナッツオイルを使い、ざっくり丸くまとめて200℃のオーブンにしまう。まるでドラエモンの道具のよう。12分後には、ところどころ赤いストロベリーがのぞく ほろほろさくさくの素朴なスコーンが取り出された。

おしらせ:ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、わたしはいつもアメリカのレシピを参考に、アメリカの計量カップ(日本のとは大きさが異なります)を使っています。アメリカの計量カップ表記ですと、レシピの再現が難しいかと思い、先日「計量換算表」を作成しました。こちらではアメリカの計量カップで粉類は何グラムなのか、砂糖は何グラム、ココナッツオイルは?等の情報を提供しています。ぜひブックマークしてお使いください。わたしも今回、スコーンのレシピにココナッツオイル1/4カップとあり、固形でのカップ計量は難しいためグラム数に換算して割り出したところです。

Coconut Strawberry Scones (Vegan & Gluten-free)

アメリカの計量カップ使用。参考にしたレシピは「love and lemonのVegan & Gluten-Free Raspberry Coconut Scones」

材料

作り方

  1. オーブンを200℃に余熱する
  2. オーツ麦をフードプロセッサーでパウダー状にする
  3. その他の粉類(ココナッツフラワー、ココナッツシュガー、ベーキングパウダー、塩)をフードプロセッサーに加えて混ぜる
  4. 冷えた固形ココナッツオイルを小さな塊に切り分け3に加え、パルスして粉類とココナッツオイルが馴染んでぽろぽろの状態にする
  5. 豆乳を半分加えざっくり混ぜる。ここで生地を触ってみてまとまるようだったら、そのまま粉を振った台に取り出してまとめる(生地が粉っぽくてまとまらない場合は豆乳を少しずつ加えて生地の様子を確認する)
  6. いちごを生地に混ぜ込み、丸いスポンジケーキのような形にしたらオーブン板にのせて12〜15分焼く

Notes

冷凍ストロベリーを使ったため生地が少し緩くなることを考慮して豆乳の量は半分ほどにして焼きました。

http://i-eat.carrots.jp/vegan-glutenfree-coconut-strawberry-scones/

とはいえ、アメリカの計量カップで材料をぽんぽんボウルに入れるのはラクちん。


2 thoughts on “Coconut Strawberry Scones (Vegan & Gluten-free)

  1. 初めてココナッツオイルを冷凍し、ストロベリーの代わりに冷凍マンゴを使って作りました。娘にはパサパサ感がウケませんでしたが、私は素朴な味が気に入りました。トロピカルハニーを添えて、朝食にぴったりです。

  2. > ココナッツオイルは今の時期は室温で少し緩いので、わたしは作る直前に30分程度冷蔵庫へ入れています。スコーンのお味については残念でした!(涙)パサパサでしたかぁ。わたしはあまり気にならず、ストロベリーの甘酢っぽさに夢中で食べてしまいました!

コメントを残す