Veganくるみタコス”ミート”と自家製サルサで、Rawメキシカン。

久しぶりのローフード。くるみで作るタコスミートと、フレッシュなトマトとレッドオニオンとハラペーニョで作る自家製サルサで、Rawメキシカン。くるみで作るタコスミートのレシピは以前紹介したような気がしていたけれど、冷蔵庫一掃作戦、ベジチーズトルティーヤは記事だけでレシピがなかったため、今回はレシピつき。この“ミート”は、大豆ミートで作るものよりもよっぽど美味しく、これをたくさん作り置きしておけば数日間サラダをさまざまな形で楽しむことができるだろう。サルサは市販の瓶詰めのものを買うくらいなら、家でガーッとミキサーやフードプロセッサーで作ってしまうほうがよっぽど新鮮だしスパイスやガーリックや辛さの調節ができて良い。Veganチーズも作ってトルティーヤに巻いたら立派なごちそうになるし、軽い食事にしたい場合は、こんな風にグリーンリーフにアボカドやコーンと一緒に巻いて大口で食べるのも良し。話は変わるが、私はとうもろこしが大好き。この時期は茹でたとうもろこしばかり食べる、食べる、食べる。

Veganくるみタコス”ミート”と自家製サルサ

材料

作り方

  1. くるみタコスミートの材料をすべてフードプロセッサーに入れて、パルスしながら混ぜてできあがり
  2. 自家製サルサもすべて材料をフードプロセッサーに入れて混ぜてできあがり
http://i-eat.carrots.jp/vegan-walnut-tacos-and-homemade-salsa/


2 thoughts on “Veganくるみタコス”ミート”と自家製サルサで、Rawメキシカン。

  1. コメント失礼します!
    とても素敵なレシピですね。
    作ってみようと思うのですが、くるみは浸水してもしなくてもどちらでも良いのですか?

  2. > kkiittさん
    コメントありがとうございます。
    くるみは特に浸水しなくても大丈夫です。浸水する・しないはみなさまのご判断にお任せしています。
    (浸水については「ナッツを水に浸す理由」の記事にありますので、よかったらご覧ください。)

コメントを残す