Veganチーズ風ディルスコーン

見た目はスコーンだけど、わたしはこれを敢えて「ビスケット」と呼ぶ。なぜなら、アメリカではこんなスコーンに似たものが、パンケーキやハッシュドブラウンポテトやベーコンや卵料理と並んで「ビスケット」という名前で朝食メニューにのっていて、それがとってもおいしそうで、昔から憧れを持っているから。なかでも、ソーセージやマッシュルームが入ったホワイトのグレービーソースが焼きたてビスケットと一緒にお皿にのっている姿には、わたしを一撃で卒倒させてしまうほどの力強さがある。

内側からぐーんと上に向かって持ち上げられた生地は歯を入れるとざくざく、ほろほろ。どうしたって、バターをたっぷりつけたり、バターナッツかぼちゃのスープにんじんとレンズ豆のスープじゃがいもとネギのスープに添えて食べたくなる。今回はニュートリショナルイーストと酒粕を生地に織り込んでチーズ風味にして焼いた。焼きたては、ガーリックの香ばしさのなかにディルの爽やかな香りが抜け、ほいほいいくらでも食べちゃう。冷めてからは食べる直前に魚焼きグリルなどで温め直しバターをたっぷりつけて食べるか、またはそのままアルミホイルにくるんで学校へ持って行き、朝ごはんやお昼に食べている。このビスケットはそんな風に持ち運び便利な「トラベルフード」でもある。

今度ビスケットをトラベルフードとして焼くときは、シンプルなものにしよう。そしてバターやジャムやメープルシロップをつけて食べよう。まだまだ学校が続く日々。

Veganチーズ風ディルスコーン

材料

作り方

  1. オーブンを180℃に余熱する
  2. ボウルに豆乳、パプリカパウダー、レモン汁、リンゴ酢を混ぜ合わせ、他の材料の準備をしている間、そのまま放置しておく(数分経つとぽってりしてくる)
  3. 別のボウルに地粉とニュートリショナルイーストとベーキングパウダーとベーキングソーダとガーリックパウダーと塩とディルを混ぜ合わせる
  4. 固形のココナッツオイルと酒粕を3のボウルに入れ、こすりあわせるように粉類と混ぜ合わせる(滑らかではなく、ぱらぱらとした小さな塊ができればOK)
  5. 4のボウルに2の液体を入れ、かきまわさずに、ざっくりと混ぜ合わせる(全部きれいに混ざり合わなくてOK)
  6. 打ち粉(分量外)をした台の上に生地を出し、(べたべたするため)両手にも打ち粉をして、生地を3センチ程度の高さで表面が平らになるよう成形する
  7. 丸いクッキーカッターがあれば、クッキーカッターも打ち粉をしてスコーンを型抜きする
  8. 型抜きしたスコーンをオーブンシートに並べ、180℃のオーブンで10〜15分焼く

Notes

hot for foodの「vegan cheesy chive biscuits」参照。このレシピではトマトペーストが使われていますが、家になかったのでパプリカパウダーで代用しました。トマトペーストもパプリカパウダーも目的は、チェダーチーズ色を出すためのトリックになります。パプリカパウダーを使わない場合は、ニュートリショナルイーストの淡い黄色っぽいカラーが焼き上がりの色になりますが、パプリカパウダーを入れるとチェダーチーズを彷彿させるオレンジがかった黄色になります。

http://i-eat.carrots.jp/vegan_cheesy_dill_scones/


10 thoughts on “Veganチーズ風ディルスコーン

  1. はじめまして。無類のチーズ好きです。発酵食品好きが高じ、今は豆腐・酒粕・お味噌などを使った惣菜や甘い物作りに励んでおります。(科学的に解説されている)作る経緯、読んでいると想像力をかき立てられ直ぐに味見をしたくなります。日中に読むことが多いので、夕飯の支度にとても役立ちそうです。ちなみに今晩は「とろけるベジチーズ」。キャベツやニンジンやカボチャのホットサラダを添えていただく予定です。今後のレシピアップ、楽しみにしています。

  2. あ~なんて美味しそうなスコーン!!
    今回のココナッツオイルは、Veganバターのものとは違う、ココナッツ香があるものですか??
    もうすぐバレンタインデーなので、何となくお菓子作り熱が上がりそうな予感です(^-^)
    veganドーナツを試作してみたのですが、
    もっと弱火でじっくり揚げるべきでした(T_T)

  3. > satsuki takahashiさん
    はじめまして!コメントどうもありがとうございます。「とろけるベジチーズ」はいかがでしたか?無類のチーズ好きであるsatsukiさんにも気に入っていただけたでしょうか?キャベツやニンジンやカボチャのホットサラダに合いますね〜。冬は寒いので生野菜が食べづらいですが、チーズフォンデュのようにして温野菜を食べればたくさん食べられそうです!

  4. > エムさん
    今回使ったココナッツオイルはVeganバターで使う精製タイプではなく、未精製のココナッツの香りがするものを使っています。オイル自体はココナッツの香りがしっかりしますが、このスコーンのようにハーブやガーリックがしっかり効いているものは焼き上がりにココナッツの香りはまったくしませんので未精製のものでも大丈夫です。もちろん香りなしの精製のものでも良いと思います!Veganドーナツ、いまいちでしたか?本当においしいレシピですので、ここでめげずにぜひもう一度だけチャンスを!!!!!笑

  5. carrotsさん
    ココナッツオイルの件、教えていただいてありがとうございます(^-^)
    ドーナツ、レシピの素晴らしさに私の揚げる技術がついていけてなかったんですm(__)m
    二回目は油の温度を低めに長く揚げてみたのですが、生地が油をたくさん吸ってしまったんですよね。しかしあきらめません!笑
    是非またチャレンジさせてください(^-^)

  6. > エムさん
    がんばってくださーい!!!!!!!

  7. carrotsさん、
    はじめまして。とってもおいしそうなスコーン!今日の午後焼いてみました。どうしましょう、食べだしたら止まりません。2個も食べてしまいました(汗)carrotsさんのレシピ、まだまだ作らせて頂きたい素敵なものがたくさん!お料理が楽しみになりました。ありがとうございます!

  8. > ゆきさん
    はじめまして!スコーン作ったのですね!!
    このスコーン、私も大好きです。安心してください、食べ出したら止まらないのはゆきさんだけじゃないです!(私は正直2個で終われませんでした。。恥)
    また何か作ったときはぜひ教えてくださいね!

  9. こんにちは。美味しそうなスコーン! 酒粕のチーズ風味…、試したいところなんですが、イギリス在住のため酒粕が手に入りません。代わりとして何か方法はありますか?

  10. > YOKO P-Wさん
    こんにちは。このスコーンですね!はい、美味しいです。一時期ハマって食べ続けていました。チーズ風味を出すために酒粕をよく使っているので、海外在住の方から同じような質問をこれまで何度かいただいていますが、酒粕の代わりで海外でも手に入りそうなものは今のところ思いつきません。酒粕は独特のチーズっぽさと、焼きあがりにしっとり感を与えてくれます。
    実はこのレシピはカナダのレシピを参考にして応用したものです。オリジナルレシピでは酒粕は使われておらず、ニュートリショナルイーストだけでチーズっぽさを出していました。
    酒粕はなくても大丈夫です。ディルを使うのでとても香りが良いです。一度試してみてくださいね!

コメントを残す