レンコンミートボールサンドイッチ & フレンチフライ

毎朝レンコンを搾りレンコン湯を薬替わりに飲んでいたため、レンコンの搾りかすが集まった。食材を一掃したいときや、野菜の搾りかすを利用する場合、ベジバーガーの法則に則ってベジタリアンハンバーグを作るのはとても良いアイディア。小判形にしてレンコンハンバーグを作り、トロみのある和風のタレをかけてもよかったけれど、今回は形を変えてお団子状に丸めたミートボールを作ることにした。なぜなら、冷蔵庫には豆乳とキャベツが座っていて、その豆乳でマヨネーズをこしらえ千切りキャベツとあえてコールスローにしたら、トマトソースベースのミートボールとあわせてサンドイッチに最適だと思ったからだ。

dsc_0862
以前作ったミートボールはレンズ豆と舞茸とオーツ麦を混ぜたもので、わたしはそれを主役にミートボールパスタを作ったり、中東風ミートボールカレーを作った。今回はもっと身近な材料で、レンコンと玉ねぎとパン粉のみ。味付けは、カリフラワー”チキン”で使ったスパイシーBBQソースを使おうと思っていたから、最近お気に入りのタイム、ローズマリー、バジル、タラゴン、ラベンダーの花が含まれたシーズニング(Herbs de Provence)を
たっぷり混ぜこみ、ソースとともにモロッコのタジン鍋で調理をした。カリッと焼いたトーストの両面にオリーブオイルを塗りコールスローをたっぷり挟んだら、レンコンミートボールをのせてぎゅっとサンドイッチ。レンコンを使ったミートボールはむちっとした弾力のある食感。そのまま出してもレンコンを使ったミートボールだとはきっと誰にも気づかれない。さて、こんなサンドイッチに添えたいのは?
典型的なアメリカンフードなのに、なぜかフレンチフライと呼ばれるフライドポテト。(ちなみにイギリス英語でフライドポテトは「チップス」と呼ばれるからポテトチップスと混同しがち。)

DSC_0799

DSC_0797

DSC_0805

レンコンミートボールサンドイッチ & フレンチフライ

材料

    レンコンミートボール:
  • レンコンのすりおろし、またはフードプロセッサーにかけたもの 1カップ
  • 玉ねぎ 1/2個
  • パン粉 1/4カップ〜(レンコンの搾りかすは水分がないためパン粉の量は少なめ。レンコンをそのままフードプロセッサーにかけた場合は水分量を調整するためパン粉はもっと多めで、粉類も入れるとまとまりが良いかも。タネがまとまるまで少しずつ加えて調整していく)
  • ガーリックパウダー 好みにあわせて
  • Herbs de Provence 小さじ1〜
  • 塩 小さじ1〜
  • 黒胡椒 小さじ1〜
  • BBQソース(手軽に市販のものでもOK)
  • スリラチャ
  • フレンチフライ:
  • じゃがいも 2個
  • 薄力粉 大さじ2
  • 揚げ油
  • 塩胡椒
  • ケチャップ

作り方

  1. レンコンミートボール:材料をすべてフードプロセッサーに入れ混ぜ合わせる
  2. タネを手にとってまとまるまでパン粉で固さを調整する
  3. お団子状に丸めて熱したフライパンにオイルをひき、ミートボールの両面をこんがり焼き色がつくまで焼く
  4. BBQソースとスリラチャをたっぷりミートボールのフライパンに入れて蓋をして蒸すように火を通してできあがり
  5. フレンチフライ:じゃがいもを皮付きのまま、できるだけ同じ太さになるよう拍子木切りにする
  6. じゃがいもを水にさらし、キッチンペーパーでしっかり水気をふき取る
  7. じゃがいもに薄力粉を全体的にまぶして、低めの温度でしっかり揚げる
  8. 揚げたてのじゃがもに塩胡椒をしてケチャップをそえてできあがり

Notes

レンコンの汁を絞った場合:咳や鼻水に効き、体に溜まった水毒(老廃物)を外に排出してくれる「レンコン湯」と呼ばれる薬膳スープを作ることができます。作り方は、汁と同量の水を一緒に鍋にかけて沸騰しないように弱火でくつくつ煮込み、トロみがでてきたときに塩少量を入れて、さらに2分ほど弱火にかけ、最後に少量の生姜汁を絞ってできあがり。とろ〜っとしたやさしい甘みのあるスープです。体が必要としていないと美味しく感じないと聞きますが、私には毎回涙がつつーっと流れそうなほど美味しいです。

http://i-eat.carrots.jp/vegetarian-meatball-sandwich-and-french-fries/


コメントを残す