たっぷりわかめうどん

茅の舎の焼きあご入り出汁が最近台所に登場しています。この出汁にしょう油をたらりとたらした温かいつゆに、かねこ製麺のうどん。そこへたっぷりの大根おろしと、たっぷりのわかめと、白ごまと刻んだ大葉と生姜、というのが最近はまっているうどんの食べかた。うどんにのせる大根おろし。これは大根めしでもお話ししました通り、炭水化物の消化を促進してくれる酵素が含まれているので、うどんの分解を助けてくれます。これから暑い夏がやってきて食欲が落ちてしまっても、大根おろしのうどんだったらちゅるちゅるっと食べられるかもしれません。また、たっぷりのせるわかめですが、最近塩蔵わかめを使うようになりました。乾燥わかめは塩蔵わかめと比べると容量が少ないし、高いですね。塩蔵わかめは調理する前にざっと塩を水で流し落として、2~3分浸水すればすぐに使えるのでとても便利です。わかめがあれば、昆布だしを使わずにみそ汁も作ってしまいます。わかめは鉄分が豊富で造血作用があるので最近は毎日食べるようにしています。ベジタリアンやVeganの方は私と同じように血が薄まって貧血の傾向があるかもしれません。もしそうでしたら、海藻類をおいしく食べて血を濃く!!をわたしと一緒に目指しませんか?

IMG_2848

大根おろしとわかめのゴールデンコンビに添えるのは、白ごまと大葉と生姜の薬味です。香りのおかげで本当に豊かな気持ちになります。ここへ梅干しを添えるといいよ、と教えてもらったので、今度は梅肉も入れてみよう。梅干しも大根おろしと同様に胃酸の分泌を促進して消化を助けてくれますもんね。おいしくて体にやさしいって本当にありがたい食事です。かねこ製麺のおかげで、栄養のない真っ白な粉で作られたぶにょぶにょとグルテンの塊にしか見えなかったうどんですが、消化に良い胃腸に優しい麺として大好きになりました。うどんを茹でている間につゆとトッピングを準備して、あっという間に食べることができます。これからもヘビーローテーションです、確実に。

 

この鳴門産の塩蔵わかめを使っています。このわかめで作るみそ汁が本当においしいです。鉄分とミネラルの補給。


コメントを残す