【紅茶キノコ】わたしが使っている茶葉

またしてもお礼の言葉から。
紅茶キノコのマザーのコメントや何かしら便りをいただけるのが今なによりも(このローブラウニーバナナクリームよりも!)わたしに元気を与えてくれています。

さて今日は材料の茶葉についてご質問をいただきました。発酵ドリンクの仕上がりの味は、材料のお茶の種類に影響されます。
私は王道の紅茶でずっと作っていましたが、私に初めて自家製紅茶キノコを味わわせてくれたアメリカのポートランドに住む友人のKatieは、ルイボスティーにネトルなどのハーブを組み合わせたもの+きび砂糖で作っていました。家の茶葉がなくなったところで私もそろそろ冒険をしてみようと思い、最近は紅茶と緑茶を3:1でブレンドして実験的に紅茶キノコを作っていますが、うーん、個人的には紅茶だけのほうが味は好きです。緑茶を使うと、あの葉っぱっぽい、独特の草っぽい感じが残ってしまいます。紅茶だけの方が軽やかでさわやかです。

暖かくなってくると(特に梅雨で体がダル重く感じられると)紅茶キノコをすっぱめにして飲んだほうが鈍い意識と体がシャッキリ目覚めます。冬は逆に甘さが残った状態で飲むのですけどね。こんな風に季節の変化にともなって紅茶キノコの味の嗜好も変わります。体が求めているものはやっぱり季節によって変わるのですね。

わたしのお気に入りはAmazonで買えるがばい農園の有機栽培国産紅茶です。これが一番おいしい気がします。送料も無料なので助かっています。

どのお茶を選ぶにしても材料の茶葉は、農薬などの化学成分に紅茶キノコのマザーをさらさないようにオーガニックのものを選ぶのが良いです。また使用するお茶の種類(マザーの食べ物)は、マザーの健康状態に影響を与えます。たとえば、お茶によっては香りづけなどにエッセンシャルオイルが使用されている場合があります(exアールグレイ、ペパーミント、カモミール、ジンジャーetc)ので、きちんと原材料をチェックしてから使うようにしましょう。

それでは、最後に。最近のお決まりの〆コトバ。
良い紅茶キノコ生活を!


コメントを残す